JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

年齢25歳になる甥の事ですが、私立大学を卒業してあるサービス関係の企業に就職して、働いていたのですが、1年程前からク

解決済みの質問:

年齢25歳になる甥の事ですが、私立大学を卒業してあるサービス関係の企業に就職して、働いていたのですが、1年程前からクレジットで物品を購入しだして、その返済に苦労する様になりました。そのため、母親が足らない返済金を立て替えたりしていましたので、約半年前に
未返済のクレジット等の有無を確認して、注意し、親の方も余分な蓄えがないため、今後の立て替えが困難か事を伝えていました。
その結果、9月になってクレジット会社より給与の差し押さえの文書が会社側に入り、クレジットでの購入等が止まっていない事を知る結果となりました。
今回クレジット等の借金は親が一括返済をしたのですが、その返済した時にどのような経過
で借金が膨れていったのか、通帳等を見ようとすると、大きな声で罵声して通帳等を見せよう
しません。また、部屋の中も荒れ放題になっており、規則正しい生活をしている状況ではあり
ませんでした。
以前は寡黙な子供であったのですが、大学に行くために親元を離れて、そのまま就職したため、どのような環境で生活しているのかは、わからなかったのですが、会社にはきちんと行っているようですが、何か精神状態が不安定になっており、切れやすい性格にこの5,6年で変わった様に感じています。
現在は、まだ親元を離れた場所で生活をしていますが、精神的なケアをどのように進めたらよいでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
情報が多分に不足していますから、甥御さんが「買い物依存症」を患われているという前提で回答を進めたいと思います。
少し補足情報を下さい。
①甥御さんご自身はご自分の問題を解決したいという「治療意欲」を持っていて、「精神的なケア」を求めているのでしょうか。
②なぜご両親は借金の肩代わりをしてしまったのですか?
③差し支えなければ、甥御さんがお住まいの都道府県名を教えて下さい。
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
補足情報を連絡します。
①買い物と言うのは馬券で、ネット競馬をやっているようです。現状、本人は病気とは思ってなく、治療意欲はないと推定しています。しかし、行動等が修正出来ていないので、母親にたいする言動から私が病気ではと考えています。
②借金の金額が本人の年収を超えていたためです。
③兵庫県に居住しています。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。 お金の使い道が競馬ということですと、疑われる疾患は「病的賭博」に変わります。いずれにせよ依存症の一種ですので、甥御さんご本人に治療意欲がないのであれば治療は成立しません。 病的賭博では、他の依存症と同様、ご本人とご家族に、しばしばある特有の傾向が認められ、それが治療導入の妨げとなります。 病的賭博の治療のゴールは賭博を完全に止めることになります。 甥御さんの場合は競馬を完全に断つことが治療ゴールです。「自分の小遣いで賄える範囲で、息抜き程度に楽しめるようになる」という目標は絶対に達成できないとお考え下さい。まずこのことを甥御さんに理解していただき、治療意欲を持っていただくことが治療のスタートになります。 しかし、病的賭博の場合、一般的には、周囲は困っていたり心配したりするものの、患者様ご自身はご自分が病気であることを認めたがらないため、治療に導入できないことが少なくありません。 病的賭博は自然治癒することがない進行性の病気です。http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-27.html 結局のところ、患者様ご自身がお困りにならなければなかなか治療には繋がりません。例えば、借金がかさんで取り立て業者に付きまとわれたり、仕事に支障が及ぶ、家庭生活に支障が生じて離婚を迫られる、といった切迫した状況になって(それを繰り返して)初めて患者様は治療の必要性を感じ始めます。治療を行う場合、外来治療も入院治療も行われますが、患者様の治療意欲が無い段階ではどちらにせよ長続きはしませんし、効果も現れません。 強制的に入院させても退院すればすぐに競馬を再開するでしょうから、入院治療を受けられるとしても、これはご本人がそれを望んだ場合ということになります。 基本的にこれはご本人の責任なのですが、依存症の場合、ご家族が、患者様が「依存症者でありつづけることを許容する環境」を整えてしまっている場合が少なくありません。依存を止めてほしいと願いながら、その一方で、ご家族が依存症の遷延をサポートしてしまっているような場合です。 そのようなご家族を、「イネイブラー」と呼びます。 憚りながら、甥御さんのご両親は、ご子息にとってのイネイブラーになってしまっていると思います。 http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/alcohol/ya-056.htmlhttp://matome.naver.jp/odai/2142823821707714401 給料をすべて競馬につぎ込んでも衣食住に困らない。クレジットカードで借金までしても親が肩代わりしてくれる(この回答の最初のリンク先の記事にある通り、「肩代わり」は、病的賭博患者様に対して決して行ってはならない行為です)。そのような状況では、甥御さん自身が困って何とかしたい、とはなかなか思わないのではないでしょうか。 ご家族や周囲の方々がとるべき最善の行動は、極端に聞こえるかもしれませんが、もう成人したいい大人なのだから、全ての責任は自分でとるように告げて突き放すことです。もちろん、金銭的にいっさいの援助をしてはいけません。ただし、ご家族が、甥御さんご自身が「病的賭博」という病気にかかっていると認識し、その治療をしたいというのであれば、それには力を貸す、とは伝えて下さい。 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
コメントありがとうございました。病的賭博の借金は本人に返済させたかったのですが、クレジット会社が、給与の
差止め請求を裁判所に提出して、本人の就職先にその命令が届き、会社がそれを実行するところまでいったため、
会社に迷惑をかけるので、しかたなく親が肩代わりしたのが、実情です。
今回、そのため、会社を退職して、田舎に帰る事になったのですが、本人がどの程度病気に気づいているのか、不明
です。本人には、顛末書等を作成して、親に経過等を説明しなさいとアドバイスはしたのですが、そのような書類を出す気は
ないようです。そのため、本人の考え方を確認できないで、困っております。来週、親を同席させないで、大学卒業後の生活
状況を聞き出そうと、一緒に食事をする機会を持つ、予定ですが、その時の注意事項等があれば、教えて下さい。
また、本人が病気だと気づいた場合は、どのような病院に治療の相談にいったらよいでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。 「病的賭博の借金は本人に返済させたかったのですが、クレジット会社が、給与の 差止め請求を裁判所に提出して、本人の就職先にその命令が届き、会社がそれを実行するところまでいったため、 会社に迷惑をかけるので、しかたなく親が肩代わりしたのが、実情です」⇒会社は、甥御さんに支払うための給料をクレジット会社に支払うだけなので迷惑はかかりません。そこで突き放しておくべきでしたし、田舎にも帰ってこさせるべきではなかったと思います。こう言っては何ですが、ご実家で、3食昼寝付きでネット競馬を楽しんでいるのでは? 基本的に、現在の甥御さんに何を言っても無駄です。「顛末書等を作成して、親に経過等を説明」することに、現時点では意味がありません。それらしい念書を書き、泣いて親にわびて、その足で賭博をしに行くのがこうした人達なのです。従いまして現時点での注意事項はありません。前述の「イネイブラーにならないようにして下さい」というくらいでしょうか。ちなみに、その食事会は外食でお金がかかるものでしょうか? どなたがお支払いになるのですか? 兵庫県でこの疾患に対応できるのは、私が知る限りこの「村上医院」だけだと思います(日本でも3~4医療機関しか病的賭博を扱っていません)。http://murakami-iin.com/#case08 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
コメントありがとうございます。一般的にケースとして働かないで、実家で、3食昼寝付きでネット競馬をすることは
考えられます。そのため、その余裕を与えないで、アルバイトでも良いので、朝・昼・晩と働いて親への借金を返済
しないといけないと言う事を話して、それを実践させたいと考えていますが、どうでしょうか。それが実践できないので
あれば、要治療と考えて次のアプローチを相談したいと思います。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご親族として試行錯誤する一環として、「アルバイトでも良いので、朝・昼・晩と働いて親への借金を返済しないといけないと言う事を話」すことは、常識的ですし、行ってよいアプローチだと思います。
ただ、実践に移すか、持続するか、それを中長期的に見ていく必要はあるでしょう。
以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。
評価をお願いいたします。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問