JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

大腿部側面が痛い 痺れというよりは酷い筋肉痛のような痛み。休むと少し楽になるが動いたり椅子に座ってなどでも痛くなる。

解決済みの質問:

大腿部側面が痛い 痺れというよりは酷い筋肉痛のような痛み。休むと少し楽になるが動いたり椅子に座ってなどでも痛くなる。歩けるが痛みがつらい。10年程前ヘルニアと診断されている。腰痛頻繁にあり。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。
ご指名ありがとうございます。

少し補足情報を下さい。

①規模の大きな整形外科を受診されて、腰椎のMRI検査を受けられたことはありますか?

②痛みがあるのは両側の大腿部側面でしょうか。

③下肢が冷たいですか?

④持病や常用薬があれば教えて下さい。

⑤今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

腰痛が頻繁にあった為MRIは10年程前になると思いますが受け、軟骨がやや出ている部分があると言われました(具体的な部分は忘れました)

頸椎もそれよりさらに数年前肩こりが酷かったのでMRIを受け同様にヘルニアと診断されました。

痛みは1年前左側腰から脚の付け根にかけての深い部分 (深層部というか)が痛くなったのが始まりで椅子に座ってるのが辛く左脚だけ別の椅子に乗っけていました。それが左側面まで痛くなり今は両側とも痛いです。

下肢は冷たいです。

持病 低音性難聴 花粉症 季節の変わり目に顔の皮膚が痒くなり皮膚

科の塗薬を塗ってます

不眠の為漢方薬を飲んでます

大腿神経痛に症状は似てますが骨盤あたりを叩いても痛みは感じませんでした。

原因と治療法、生活で気を付ける事、ストレッチなどお教えください

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。

従いまして「

原因と治療法、生活で気を付ける事、ストレッチなどお教えください」というご要望にはお応えしかねます。

いかが致しましょう?

質問者: 返答済み 2 年 前.

原因の可能性で結構です。

又今後、どのような診療機関にかかるのがベストか

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

下肢に痺れや痛み、運動障害がある場合、神経性の病態と血管性の病態を想定する必要があります。

相談者様の場合、高血圧や高脂血症のような、動脈硬化の原因となるような持病をお持ちでないことから、まず血管性の病態(足の血管が狭くなったり詰まることによって起こるしびれ・痛み)は否定的です。

両側性・対称性に症状が現れていること、また、「10年程前ヘルニアと診断されている」ことから、腰椎のトラブルによる下肢の感覚障害の可能性を第一に考えま す。脊髄から、腰椎の間を通って足に伸びてくる神経の根が圧迫されることで、脚の感覚障害・運動障害が現れている可能性が高いということです。

症状が生じている場所から逆引きしますと、第4腰髄神経(L4)に圧迫が及ぶような何らかの腰椎のトラブル(例:椎間板ヘルニア)が想定されます。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg
http://blog-imgs-82.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/dermatome_lumber.jpg

「休むと少し楽になるが動いたり椅子に座ってなどでも痛くなる」ことは、腰椎による神経根の圧迫を示唆する状況証拠と言えます。
日常生活の中では体位によって腰椎や椎間板にかかる圧が異なり、立位より座位でより高い圧(約1.5倍)が加わり、神経根の圧迫も増すからです。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問