JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

初めまして 齊藤と申します。 職業は石材やで主に墓石設置を4年ほどやっていました。 2013年11月

質問者の質問

初めまして 齊藤と申します。
職業は石材やで主に墓石設置を4年ほどやっていました。
2013年11月3日両足の半月板損傷で手術をしました。
2013年春ごろから痛みがあり8月に整形外科を訪れ見てもらいました。
単なる膝痛で済まされていました。
しかし、どんどん痛みが増しどうにもならなく再度診察してもらいましたが軽くあしらわされました。
自分で心配のあまりパソコンで検索して調べました。
結果、半月板損傷だと思いサッカー選手を手掛けておられる医師に診てもらいました。
即刻手術となったわけです。
もうほつれていたので両足同じように切除しました。
安心したのもつかの間、なかなか痛みが取れず2014年3月31日に片方のみ再手術となりました。
その時は軟骨も損傷があり半月板と軟骨両方切除しました。
2015年4月現在も少し足を曲げただけでピキッとして鋭い痛みが走ります。
どうしてこうなるのか悩みます。
毎日心配で精神的にも苦痛です。
医師はなんとも返事のしようがないみたいです。
リハビリはやっています。
この先どうなってしまうのかと暗い毎日です。
一番知りたいことは医学的な根拠です。
あと、どうしたらよいのかご指導頂きたいです。
以上、宜しくお願い致します。
尚、今現在職業にはつけない状態です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
こんにちは。

あなたは現在、専門性が高い整形外科医が診察しても原因がわからない膝の痛みに悩まされているということだと理解いたします。

その痛みの医学的根拠としては、あくまで可能性ですが、「慢性疼痛」が考えられると思います。慢性疼痛(神経因性疼痛)と呼ばれる病態である可能性が高いと考えられます。

神経因性疼痛とは、怪我や慢性的な刺激、手術などがきっかけとなり、末梢神経が傷つくことが原因で、本来の傷が治癒した後も疼痛が続くと病態のことで、近 年では、末梢神経だけではなく、痛みの信号を中継する脊髄や、その信号を受け取る脳のある部位も神経因性疼痛の原因の一端を担うことが知られてきていま す。
http://www.naoru.com/toutuu.htm

敢えて単純化して申し上げれば、刺激を受け続けたことによって末梢神経が少なからず傷つき、混線が起きてしまったような状態です。刺激・傷の程度や場所とは関係が無く、滅多に起きないが、起きるときには起きる、といった印象の病態です。

治療としては、通常の鎮痛剤は効きません。
神経の信号の伝達を統制するようなお薬(リリカ、一部の抗てんかん薬、抗うつ薬)の服用や、程度によっては神経ブロック注射などが必要になります。
神経の混線は神経因性疼痛が続けば続くほどもつれていく傾向がありますので、出来るだけ初期に適切な治療を受けておくことが重要です。
神経因性疼痛の治療はペインクリニックにて行われますので、お早目の受診をお勧めいたします。
以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。

全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)
http://www.pain.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

細かな説明ありがとうございます。


神経的なものとありますが、そんな気がしません。


素人的な判断ですが半月板とか靭帯には異常が発生していないのでしょうか 再度画像診断したとしても画像には判明されないでしょうか 軟骨がまた急激に異常状態になっていないでしょうか MRIを実施しても画像に現れない事ってありますか 術後の後遺症でしょうか 


再度、ご回答お願い致します。

神経科 についての関連する質問