JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

デパス常習10年です内科の先生が依存しているのでやめる方向の話が良くでます。でも0.5を2錠ですが1錠にすると夜中目

解決済みの質問:

デパス常習10年です内科の先生が依存しているのでやめる方向の話が良くでます。でも0.5を2錠ですが1錠にすると夜中目がさめ又1錠飲みますこれから5年10年飲み続けたら内蔵、、体に悪いですか 眠れない方が心配です
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
ご指名ありがとうございます。

デパスは化学的には「ベンゾジアゼピン化合物」に属する抗不安薬です。

ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

短期的に内臓にダメージを与えるような毒性はありませんが、長期的に服用された場合(相談者様は既に長期服用されていますが)、脳に悪影響が生じ、脳によって司られる全身の種々の機能に影響が及びうることが知られています。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

早いうちにやめていくように努力していった方がからだの為に良い

脳の為に良いのですね、母が認知症で私ももの忘れが多く気になっていました

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご理解の通りです。

実際に、ベンゾジアゼピンが認知症の発症リスクを上昇させることも知られています。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

現在の物忘れは可逆的で、デパスを離脱できれば元に戻りますが、今後、さらに年齢を重ねてもデパスを服用し続けていれば、認知症へとつながるリスクは高いことは頭に入れられておくべきでしょう。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問