JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2か月前ごろから耳鳴りが急にはげしく、心配になったので神経科に受診したところ、カテ-テル検査をすることになりました。

解決済みの質問:

2か月前ごろから耳鳴りが急にはげしく、心配になったので神経科に受診したところ、カテ-テル検査をすることになりました。結果は解離性動脈瘤と診断され、三か月後にMRIをとって
診断しましょう。といわれましたが、そのあと不安になったのですが、三か月も放置していて
大丈夫なのでしょうか? 54歳男性です。どうかよろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。

「三か月も放置していて大丈夫」です。大丈夫な状態だと判断されたから3ヶ月後の検査になったのです。

解離性大動脈瘤は短期間に完成する病態ではありません。
これまでもずっと、相談者様の大動脈には解離性大動脈瘤があったのです。
耳鳴りを自覚した2ヶ月前よりもずっと前から解離は始まっていたでしょう。
それをさらに3ヶ月経過観察しても問題は無いと考えます。

しかしこれは医者の立場からの意見です。
どうしてもご心配であれば、他の循環器科医療機関を受診されて早いタイミングで検査を受けられるようお願いするのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

申し訳ありませんが先生の回答に1.2点ほど質問したいと思いますのでよろしくお願いします。脳の解離と耳鳴りは無関係になるのでしょうか?それともう一つ、解離は自己修復をする確率が高いのでしょうか?

お忙しいところ、すみませんがよろしくお願いします。本名 森といいます。遅れてすみません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

> 脳の解離と耳鳴りは無関係になるのでしょうか?
解離性動脈瘤やそれに関連した動脈硬化が耳の近くの動脈に起きている場合、血管性耳鳴として相談者様の耳鳴りが起きている可能性が高いと考えます。
http://www31.ocn.ne.jp/~solhns/hakudoiseijimei.htm
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

> 解離は自己修復をする確率が高いのでしょうか?
解離性大動脈瘤は自然に治る病態ではありません。
破裂の危険が少ない場合は定期的な経過観察、瘤が大きくなっていくようならば手術が必要となります。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問