JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

息子は小学校6年生ですが、胃腸の不調や頭痛を訴えて学校を遅刻することがあります。月曜日のことが多いです。今日もそうで

解決済みの質問:

息子は小学校6年生ですが、胃腸の不調や頭痛を訴えて学校を遅刻することがあります。月曜日のことが多いです。今日もそうでした。
先程、症状が軽くなったので学校に送っていきましたが、人の姿が見えると校門の陰に隠れてなかなか入ろうとしませんでした。
息子は大変神経質で気が弱いのでこれからが心配です。
今の状況を克服するにはどうすれば良いでしょうか。
一度、心療内科に受診した方が良いでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

少し補足情報を下さい。

①ご子息は「大変神経質で気が弱い」とのことですが、今回のご記載のエピソード(胃腸の不調や頭痛を訴えて学校を遅刻する)以外にも、精神的なストレスが身体症状として現れることがあるのでしょか。

②頭痛や胃腸の不調に関して、脳神経外科や内科は受診されましたか?

③ご子息の担任教師とは本件について相談されたことがありますか?

④ご子息の通われている学校にはスクールカウンセラーはいますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
①心臓がドキドキする感じ、不眠、蕁麻疹(関連があるかどうかはわかりませんが)
②受診しました。
頭痛は偏頭痛でミグシスが処方されました。
胃腸の不調は逆流性食道炎や精神的ストレスからくるものと診断され制酸剤や小建中湯が処方されました。
③ありました。
④いません。担任や教頭、校長、養護教諭などが相談に応じています。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

⑤「担任や教頭、校長、養護教諭」は、どのような見解ですか?

⑥教頭までが出てくるということは、ご子息のこの問題は、学校側でも大きな問題として見ていると理解してよろしいでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
⑤⑥言葉が足りずすみません。相談は担任にしかしておりません。
息子は人間関係で悩むことが多く担任に相談しますが、身体症状との関連は深く考えておられないようです。切り離しているような感じがします。
偏頭痛→体質
胃腸の不調→食べ過ぎや風邪症状の一つ
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
了解しました。

相談者様としてはそのようには考えられておらず、ご子息の性格に起因する心理的なストレスが身体症状として現れている可能性を強く感じられているのだと理解いたします。

ご子息の問題が性格に起因するものなのか、もしくは何らかの精神科的診断がつくような状態にまで至っているのか、ご記載を拝読しても判断に迷うところです。

まず、児童相談所を利用されてみてはと思います。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます。

いきなり心療内科を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
児童相談所に行ってみます。
ご助言有難うございました。

神経科 についての関連する質問