JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 脳神経外科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 371
経験:  国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
70641304
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

初めまして。 父が月曜日に右脳の脳梗塞で入院をしました。 t-PA治療を行いましたが出血をしており現在経過観察中

質問者の質問

初めまして。
父が月曜日に右脳の脳梗塞で入院をしました。
t-PA治療を行いましたが出血をしており現在経過観察中です。
t-PA治療の効果があり左半身についても多少動作が可能なようです。
今後対処法として以下の2点を提案されていますが、皆様のご意見も頂けないでしょうか。
1.出血が止まらなければ開頭し出血箇所の止血
2.出血が止まれば様子を見て(2-7日間)、腫れが出てきた場合には開頭し対処を行う。
また現在の脳梗塞での再生医療の可能性について教えて頂けないでしょうか。
お忙しいところ恐れ入りますがアドバイスを頂けないでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
私は、30年以上にわたって脳神経外科医師として臨床に携わってきました。患者さんの立場に立った医療を実践しております。
実際のCTなどの画像が見られませんので、判断は一般的なものとなることをご了承下さい。
通常t-PAを使用し出血しましても、実際に開頭手術を要する症例はそうそうは見られません。
現在、t-PAを使用してからすでに、2日が経過していますので、止血は通常完了していると思われます。
要は、出血の程度が開頭しなければ命に関わる程でなければ通常開頭することはございません。それは、開頭すること自体で片麻痺をさらに悪化するリスクが大きいことによります。従いまして、通常は、2.の如く経過観察が一般的であろうと思います。その場合でも、開頭手術になる可能性は少ないと存じます。
また、再生医療は、現在の医療レベルではまだ現実不可能です。
しかし、いつの日かその時が訪れるでしょう。
nou-no-moribitoをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

こんにちは。


 


その後の経過について再度質問をさせて下さい。


 


1. 2日前てんかん発作を起こしました。この際脳梗塞に与える


悪影響は何か考えられるでしょうか。


担当医からは最悪の場合再度脳梗塞が起こっている可能性があると


聞いていますが、その後のCT結果についてまだ未確認です。


 


2. 発作が起こった後発作を押さえる薬(名前確認中)を服用して


いますが今までより私たちとの会話に答えられなくなっているように


感じます。


これはてんかんを抑える薬で脳の働きを制御している可能性が考えられるでしょうか。


または脳梗塞の後にてんかんがおこった一般的な問題と考えて


よいでしょうか。


 


3. 脳梗塞後てんかん発作がおこった場合、今後も日常的に発作を抑える


薬を服用するのが一般的な処置でしょうか。


もし服用する場合、予後に何かしらの悪影響が考えられるでしょうか。


 


質問が多く申し訳有りませんがご確認頂けないでしょうか。

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
1.再梗塞でなければ、てんかんのみでは、悪影響はありません。
 再梗塞は、MRIで確実に診断可能です(CTでは、わからないことがあります)

2.その通りです。一般的な問題でしょう。

3.はい、ある程度の期間(一定の決まりはありませんが、急性期を過ぎるくらいまでおおよそ1ヶ月)は内服を考えるのは一般的です。
悪影響はありません。むしろ、てんかん発作を繰り返す方がよくありません。

神経科 についての関連する質問