JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。自分が変だなと気付いたのは20年程前です。人といると辛いんです、10年程前がいちばん辛く、どこにいても人

解決済みの質問:

こんにちは。自分が変だなと気付いたのは20年程前です。人といると辛いんです、10年程前がいちばん辛く、どこにいても人がいるので、生きていけないと思えたことがありました。今も病院の待合室や、電車の中は困ります。緊張すると妙なオーラが出るようで、近くにいるひとは、離れて行くことがあります。あと人と目を合わせられません。時折イヤな顔をするのでしょう、相手に怪訝な顔や睨まれたりします。  どうしたらいいのでしょう
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、いわゆる「対人恐怖」を呈されているように思われます。

古典的な対人恐怖は、単に人前で緊張するのではなく、「自分が(もしくは自分の体臭や視線が)他人を不快にしている」と思えてしまい、そのために人前に出ることが困難になる疾患です。

実は、現在もっともひろく用いられている精神科の国際標準の診断基準に対人恐怖はありません。人前で過剰に緊張してしまう「社交不安障害(SAD)」か、自分の視線や体臭、存在感に対する思い込みが強い場合は「妄想性障害」に割り振られます。

「どうしたらいいのでしょう」とのことですが、相談者様を医療の対象として治療するのであれば、「緊張すると妙なオーラが出るようで、近くにいるひとは、離れて行くことがあります。あと人と目を合わせられません。時折イヤな顔をするのでしょう、相手に怪訝な顔や睨まれたりします」といった部分は相談者様の思い込みであることを受け入れた上で、然るべき精神科医療機関を受診していただく必要がございます。

ここまでの説明に関して、どう思われますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
<情報リクエストですのでまだ評価はなさらないで下さい>

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、いわゆる「対人恐怖」を呈されているように思われます。

古典的な対人恐怖は、単に人前で緊張するのではなく、「自分が(もしくは自分の体臭や視線が)他人を不快にしている」と思えてしまい、そのために人前に出ることが困難になる疾患です。

実は、現在もっともひろく用いられている精神科の国際標準の診断基準に対人恐怖はありません。人前で過剰に緊張してしまう「社交不安障害(SAD)」か、自分の視線や体臭、存在感に対する思い込みが強い場合は「妄想性障害」に割り振られます。

「ど うしたらいいのでしょう」とのことですが、相談者様を医療の対象として治療するのであれば、「緊張すると妙なオーラが出るようで、近くにいるひとは、離れ て行くことがあります。あと人と目を合わせられません。時折イヤな顔をするのでしょう、相手に怪訝な顔や睨まれたりします」といった部分は相談者様の思い 込みであることを受け入れた上で、然るべき精神科医療機関を受診していただく必要がございます。

ここまでの説明に関して、どう思われますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評 価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご 質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、いわゆる「対人恐怖」を呈されているように思われます。

古典的な対人恐怖は、単に人前で緊張するのではなく、「自分が(もしくは自分の体臭や視線が)他人を不快にしている」と思えてしまい、そのために人前に出ることが困難になる疾患です。

実は、現在もっともひろく用いられている精神科の国際標準の診断基準に対人恐怖はありません。人前で過剰に緊張してしまう「社交不安障害(SAD)」か、自分の視線や体臭、存在感に対する思い込みが強い場合は「妄想性障害」に割り振られます。

「ど うしたらいいのでしょう」とのことですが、相談者様を医療の対象として治療するのであれば、「緊張すると妙なオーラが出るようで、近くにいるひとは、離れ て行くことがあります。あと人と目を合わせられません。時折イヤな顔をするのでしょう、相手に怪訝な顔や睨まれたりします」といった部分は相談者様の思い 込みであることを受け入れた上で、然るべき精神科医療機関を受診していただく必要がございます。

ここまでの説明に関して、どう思われますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評 価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご 質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

神経科 についての関連する質問