JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

半年ぐらい前から、寝ると起きれなくなることがありました。 体が動かないわけでは無いのですが、うまく表現できないので

解決済みの質問:

半年ぐらい前から、寝ると起きれなくなることがありました。
体が動かないわけでは無いのですが、うまく表現できないのですが、面倒くさくて体を起き上がらせることが出来ない感じです。
またいつの間にか寝ていて、次に目が覚めると普通に動けるようになっているのですが、ここ最近はひどく、仕事にギリギリなるまで起きることが出来なかったり、ついに仕事に間に合わなくなってしまいました。
目が覚めても、体を起き上がらせることが出来ず、何時間でも布団の上でゴロゴロしていて、トイレにも行くのが面倒くさい。
それでも、何時間か経つと、急に目が覚めた感じになり、今度は眠れなくなります。
今はその目が覚めた状態で、メールしています。
また、眠れなくなると、お酒を飲みますが、その量も日に日に増えています。
体を起こすのが面倒くさいのは、急性アルコール中毒の症状に似ていると、会社の上司からは言われました。
妻からも、お酒は控えた方が良いと言われていて、それでも目が冴えてくると我慢できずに飲んでしまっています。
また、今日、妻から『鬱』なんじゃないかと言われ、とてもショックを受けました。
明日、病院へ行こうと思って、調べていたら、こちらを見つけたので、投稿していようと思いました。
自分の置かれてる環境を説明します。
最近39歳になった男性、飲食店に勤めるサラリーマンです。
8月は繁忙期と言われ、特に忙しく、通常は夕方から18時から翌3時くらいの勤務が多いのですが、今は、ランチも出勤するW出勤が週の半分以上をしめています。
朝の4時過ぎぐらいに家に帰ってきて、6~7時ぐらいに寝て、10時起きて仕事に行く。夜勤は18時からだと仮眠を取ることが出来ないので、そのまま仕事場に残って、夜の勤務を始める。
慢性的な睡眠不足であるのは自覚していますが、それで体調がおかしくなったことはいままでありません。
また、休日に15時間とか時間があるかぎり睡眠をとることがあります。
長男の一周忌が先月ありました。
寝て起きれないのが、不安で恐怖でしたが、最近は起きれない状態の時にとても安心感と幸福感を感じます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

11点でした

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける11点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様がご記載になられている現在のご様子は、うつ病の症状によるものと考えて矛盾しません。
そして、酒量が増えてきているのは危険な徴候です。
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-006.html

精神科・心療内科の受診をお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問