JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

兄弟喧嘩で済まない状態です。小5の娘と中1の息子について悩んでいます。兄は几帳面?妹はマイペースです。妹はADHD?

質問者の質問

兄弟喧嘩で済まない状態です。小5の娘と中1の息子について悩んでいます。兄は几帳面?妹はマイペースです。妹はADHD?と思うところもあります。母子家庭のせいか、私が仕事から帰ると兄はいろいろ手伝ってくれますが、動かない妹に対して罵倒、物を投げる等。私が居ないときは更に酷い様子です。兄が怖いと仕事場に電話があったこともあります。兄も言っても動かない、無視をする妹に切れてラインで私に文句を書いて来たりします。妹も最近口答え(口調が非常に人をイライラさせる)もします。いろいろ試してみましたが、効果なしです。私自身が心身的に参ってしまい、急に涙が止まれなくなったりする事もあり、心療内科に受診したこともあります。どこがどういけないのか?どうしていけばいいのか?小児カウンセリングを調べたり、3人で心療内科も考えています。どこに行けば普通に生活出来るのか分からなくなっています。アドバイス宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

実際に相談者様、お子様方をを診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限りは、お子様お二人に関しては「病気」や「障害」に少し引っ張られた考え方をされすぎているように思います。

まず、児童相談所を利用されてみてはと思います。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

お子様たちが病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応(例えば親子カウンセリング)をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます(児童相談所の紹介だと、児童精神科の専門医療機関への「通り」も若干はよいようです)。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

実際に相談者様、お子様方をを診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限りは、お子様お二人に関しては「病気」や「障害」に少し引っ張られた考え方をされすぎているように思います。

まず、児童相談所を利用されてみてはと思います。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

お子様たちが病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応(例えば親子カウンセリング)をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます(児童相談所の紹介だと、児童精神科の専門医療機関への「通り」も若干はよいようです)。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

実際に相談者様、お子様方をを診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限りは、お子様お二人に関しては「病気」や「障害」に少し引っ張られた考え方をされすぎているように思います。

まず、児童相談所を利用されてみてはと思います。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

お子様たちが病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応(例えば親子カウンセリング)をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます(児童相談所の紹介だと、児童精神科の専門医療機関への「通り」も若干はよいようです)。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

実際に相談者様、お子様方をを診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限りは、お子様お二人に関しては「病気」や「障害」に少し引っ張られた考え方をされすぎているように思います。

まず、児童相談所を利用されてみてはと思います。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

お子様たちが病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応(例えば親子カウンセリング)をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます(児童相談所の紹介だと、児童精神科の専門医療機関への「通り」も若干はよいようです)。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問