JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

大人になって多動性障害が分りました、どんな薬とどんな治療に成るのでしょうか

質問者の質問

大人になって多動性障害が分りました、どんな薬とどんな治療に成るのでしょうか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

成人のADHDの治療は、薬物療法と心理療法、環境調整を組み合わせて行われます。

少し補足情報を下さい。

①相談者様は、具体的にどのような症状に困られておられた(おられる)のでしょうか・

②相談者様は、ADHDの診断を、どれくらいの規模の、どれくらいの専門性がある、何科の医療機関で受けられたのでしょうか。

③すでに治療を受けられているにも関わらず、このインターネット相談で「どんな薬とどんな治療に成るのでしょうか」とご質問をされていますが、主治医からはどのような治療方針を伝えられていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】













質問者: 返答済み 3 年 前.

医師を信用できないです。(実は私の父は眼科医です)精神科に通い続け統失と数年前に診断されてしまい、統失のセブリアン筋注をしていました。一年になります。2か月前におかしいのでは、と此方から云い出し、ペーパーテストをしてみたら、多動性障害と云うことでしたが、セブリアンを急には、やめられないと医師が云うので本当だろうかと疑っています。そして医師は、やたらとセブリアンを使っているので、保健が効かなくなるので、多動性障害の薬は使えないのでサインベルタなら薬を出すことができると云われています。セブリアン筋注は、現在減量中です。100mmから75mmになりました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
後から色々な情報が出てきたため少し混乱しているのですが、相談者様の診断がADHDで間違いがないという前提で最初のご質問にお答えいたします。

まず、薬物療法としてはアトモキセチンもしくはメチルフェニデート塩酸塩徐放錠が用いられます。
ADHDに対する効果が確立しているのはこの2剤のみです。
抗うつ薬であるサインバルタのADHDに対する効果は知られていません。

また、ADHDの患者様は実社会において症状のために生活上の困難を経験することが多いために、カウンセリングや認知行動療法と呼ばれる心理療法が並行して行われます。

周囲の方々に相談者様がADHDであることを理解していただくなどの環境調整も重要です。
https://www.adhd.co.jp/treatment/method_adult/default.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
後から色々な情報が出てきたため少し混乱しているのですが、相談者様の診断がADHDで間違いがないという前提で最初のご質問にお答えいたします。

まず、薬物療法としてはアトモキセチンもしくはメチルフェニデート塩酸塩徐放錠が用いられます。
ADHDに対する効果が確立しているのはこの2剤のみです。
抗うつ薬であるサインバルタのADHDに対する効果は知られていません。

また、ADHDの患者様は実社会において症状のために生活上の困難を経験することが多いために、カウンセリングや認知行動療法と呼ばれる心理療法が並行して行われます。

周囲の方々に相談者様がADHDであることを理解していただくなどの環境調整も重要です。
https://www.adhd.co.jp/treatment/method_adult/default.aspx
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
後から色々な情報が出てきたため少し混乱しているのですが、相談者様の診断がADHDで間違いがないという前提で最初のご質問にお答えいたします。

まず、薬物療法としてはアトモキセチンもしくはメチルフェニデート塩酸塩徐放錠が用いられます。
ADHDに対する効果が確立しているのはこの2剤のみです。
抗うつ薬であるサインバルタのADHDに対する効果は知られていません。

また、ADHDの患者様は実社会において症状のために生活上の困難を経験することが多いために、カウンセリングや認知行動療法と呼ばれる心理療法が並行して行われます。

周囲の方々に相談者様がADHDであることを理解していただくなどの環境調整も重要です。
https://www.adhd.co.jp/treatment/method_adult/default.aspx
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
後から色々な情報が出てきたため少し混乱しているのですが、相談者様の診断がADHDで間違いがないという前提で最初のご質問にお答えいたします。

まず、薬物療法としてはアトモキセチンもしくはメチルフェニデート塩酸塩徐放錠が用いられます。
ADHDに対する効果が確立しているのはこの2剤のみです。
抗うつ薬であるサインバルタのADHDに対する効果は知られていません。

また、ADHDの患者様は実社会において症状のために生活上の困難を経験することが多いために、カウンセリングや認知行動療法と呼ばれる心理療法が並行して行われます。

周囲の方々に相談者様がADHDであることを理解していただくなどの環境調整も重要です。
https://www.adhd.co.jp/treatment/method_adult/default.aspx
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
後から色々な情報が出てきたため少し混乱しているのですが、相談者様の診断がADHDで間違いがないという前提で最初のご質問にお答えいたします。

まず、薬物療法としてはアトモキセチンもしくはメチルフェニデート塩酸塩徐放錠が用いられます。
ADHDに対する効果が確立しているのはこの2剤のみです。
抗うつ薬であるサインバルタのADHDに対する効果は知られていません。

また、ADHDの患者様は実社会において症状のために生活上の困難を経験することが多いために、カウンセリングや認知行動療法と呼ばれる心理療法が並行して行われます。

周囲の方々に相談者様がADHDであることを理解していただくなどの環境調整も重要です。
https://www.adhd.co.jp/treatment/method_adult/default.aspx
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問