JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

13〜14歳くらいの頃、左の首の筋肉が腱のように筋張ってしまい首をまっすぐに安定させるのが難しくなりました。病院で見

解決済みの質問:

13〜14歳くらいの頃、左の首の筋肉が腱のように筋張ってしまい首をまっすぐに安定させるのが難しくなりました。病院で見てもらったところ、頸椎の3番目がずれていることがわかりました。親によれば、出産後に斜頸と診断されたことがあるみたいです。しばらく機械で首を牽引したり、電気按摩機のようなもので治療してもらいましたが、症状の改善が見られないので治療もやめてしまいました。
現在31歳なのですが、主に左側の首周りから肩にかけて筋力が衰え、目に見えて特に肩が左右非対象です。また、左目が非常に疲れやすく、目の奥が痛い、左側の顎から、腕に至るまで力が入りにくくなり、精神的にもなんとなく無気力な状態です。この無気力というのが、本当に将来のこともどうでもよいとおもうくらい無気力で、騙し騙し頑張って生活しているという感じで、もう何もせず、引きこもっていたい感じです。また、斜頸のせいかはわからないんですが、人前での緊張がすごく、対人恐怖的な状態になりました。
斜頸に関しても何度か病院に通いましたが、これといった解決策も出してもらえませんでした。
緊張からくる対人恐怖的なもので人間関係でうまくいかず、何かしたいという気も起こらない、常に体がだるいような無気力な状態も合間って、いまはとても悲しいような重くて抑鬱された気分です。
以上のことから、特に質問なんですが、こういった心理的な面と、斜頸とは何か関係があるのでしょうか?あるのだとすればどういう風に治療を行えば良いのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

相談者様が患われている心理的な問題と斜頸には、直接的な因果関係は無いと思いますが、斜頸に伴う症状そのもののストレス、斜頸によって生じる外見上の問題のために他者と接する際の羞恥心などが、心理的な問題の引き金にはなっているでしょう。

治療については、斜頸については解決策が無いようですが、心理的なものにつき、精神科心療内科で独立して治療することは可能だと思われます。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
お返事がおそくなりましたが、上記のリンクの質問に答えさせていただきました。結果は14点で中等度という結果がでました。多少バイアスがかかっているかもれませんが、誠実に答えさせていただきました。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける14点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様がご記載になられている現在のご様子は、うつ病の症状によるものと考えて矛盾しません。

精神科・心療内科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問