JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

中学1年生の息子が、微熱、頭痛など続いています。 ネットで見て「起立性調節障害」かも?とは思いましたが、 夜

解決済みの質問:

中学1年生の息子が、微熱、頭痛など続いています。

ネットで見て「起立性調節障害」かも?とは思いましたが、
夜は9時に寝て、朝は5時に自分でおきています。

座っているより、ゴロゴロしていることは多いですが、
学校も嫌がらず早めに元気に出かけています。

それでも上記の障害でしょうか?
微熱頭痛が続きだしたのは、これで中学校へ入ってから2度目です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

「夜は9時に寝て、朝は5時に自分でおきて学校も嫌がらず早めに元気に出かけて」いるのであれば起立性調節障害(OD)では無いだろうと思います。

「ネットで見て「起立性調節障害」かも?」と思われたのはなぜですか?
よろしければご覧になったサイトのURLを教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.


朝起きられない、夜寝つきが悪いなどを除くと、他の症状が当てはまりました。


肝心の症状がそこなんでしょうね、安易に障害・病名をだしてすみません。


 


前回体育祭の1週間前にも同じように「微熱が続いて1週間以上治らない、そのとき頭痛もする」状況でした。


 


今回は初めての試験の前後といったところでしょうか?


 


自分でも、環境の変化、学校の勉強や友人関係のストレスかとは思うのですが、理解の無い主人の手前、「病名」を探してしまったと思います、すみません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

この件で医療機関を受診されたことはないのでしょうか?

原因不明の微熱・頭痛は体育祭の時が初めてですか?

ご主人の理解がないというのはどういうことでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

一般内科を受診しましたが、「風邪でしょう」との事でした、


お薬もいただきましたが、解熱剤と、そのとき鼻の症状があったので(以前からでしたが)そのアレルギー?の症状を抑える薬が出たのみでした。


 


今回も同じ内科を受診しました、今回は風邪薬と後は同じです。薬の名前はすみません、今は分かりません。


 


前回は内服を飲んでも熱が下がらず、37度台を行ったりきたりし、1週間くらいして36度台に治まりました。


 


その間、学校は、微熱程度でも行ってはいけないそうで、休ませました。


 


これらは中学校に入って、体育祭前が初めてです。


 


主人は「元気そうにしているから、休ませずに学校も部活もやれるはず。気持ちの問題、メンタルが~」といって叱ります。


子どもは自分から「休みたい」とは言ってなく、学校が「休ませてください」なので、無理をさせられないのです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、身体疾患が基盤に無いという前提で回答するならば、ご子息の診断は「心因性発熱(ストレス性高体温症)」となる可能性が高いでしょう。
http://www.cephal.med.kyushu-u.ac.jp/psychogenic%20fever.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ストレスが身体症状として現れる心身症の一種です。

ただ、ご子息が治療の対象となるかと言えば微妙なところだと思います。
例えば私であれば、ご子息のような患者様が受診された場合、特に治療は行わずに、1~2ヶ月に1度程度の経過観察のための通院をしてもらうだろうと思います。
深刻ないじめに遭っている、学業面で極めて強いストレスを受けているといった明らかなストレスは無いわけですので、大多数の患者様では、成長に従って自然に症状が出なくなっていくからです。

ご主人の理解を得るために病名が必要であるということであれば、児童・思春期精神医学の専門性が高い医療機関を受診されることをお勧めいたします。
ご子息の年齢の患者様を診察するには専門知識が必要であるからです。

以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

そこまで大げさにしたくないということであれば、身体疾患は無いということを診断してもらった上で、スクールカウンセラー、もしいなければ児童相談所のカウンセラーのカウンセリングを受けられるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問