JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

22歳の大学4年の娘がリストカットが再発しました。今度は、深く切らないと気が済まないと言って、縫合を一か月足らずで3

質問者の質問

22歳の大学4年の娘がリストカットが再発しました。今度は、深く切らないと気が済まないと言って、縫合を一か月足らずで3回も繰り返しています。先週から、卒論のため研究室に配属されましたが、そこにいると切りたいという衝動がおさまらないと言っています。研究室はもともと一人のところを希望しましたがかないませんでした。娘はアスペルガー症候群でコミュニケーションに問題があり、人間関係が苦手です。私も、大学の先生にはお願いしましたが4人の研究室になりました。今から研究室を変えることは可能らしいのですが、一人のところは一つだけでもう他の学生が入っていますので、変えても無駄かと思います。どうすればこの状態から助けてやれるでしょうか。ちなみに、本人は卒業を望んでします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.

 神経内科の専門医ですがここしばらく精神科病院に勤めていて臨床心理の勉強中です。リストカットは様々な原因でおこり見立てが大事です。もし自殺願望があるようなら自殺の危険性が大きいようです。自殺企図者は自殺したい気持ちと助けられたい願望を両方持っているらしいです。リストカットしたい気持ちや理由を共感的に聞き出すことが大事とされていますがそれだけではリストカットをやめさせることは難しいようです。卒業を1年遅らせてでも精神科病院などで治療をしっかりやったほうがよいかもしれません。コミュニケーション障害があって悩んでおられるようなら自己評価も低くなりうつ病を合併しているかもしれません。サインバルタなどの抗うつ剤や休養が必要になるかもしれません。MMPIやSDS、ロールシャッハテスト、SCTなどの心理検査で見立てをしっかりやって支持的精神療法や演劇療法、箱庭療法などの心理療法をやってみたほうがよいかもしれません。
  自殺の危険が大きいと判断されればしばらく非同意入院をしないといけない場合もあるかもしれません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

返信ありがとうございました。 娘はよく死にたいとはいいますが、まだ深刻なものではないように思います。学問をする意志はあります。ところで、先生の言われることはよく分かりましたが、名古屋で適当な病院が見つかりません。娘は心療内科で7年ほどフォローを受けていましたが、先生に不信感を持っていくのを中断しています。娘の希望で名古屋市立大学病院のこころの医療センターを紹介してもらいましたが、先生は継続して診るのにあまり積極的ではありません。他にも数件行きましたが、何より娘の話をきちんと聞こうとせず、すぐ薬を出すのが娘を落ち込ませ、状態を悪化させているように思います。私も、娘はうつ状態になっていると思えます。本人は短期間の入院を希望していますが、それは医師が判断して本人の気持ちは尊重されないのでしょうか。

専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.

 心理モデルによれば医学モデルと少し違っていてクライエントの全人的な理解が尊重されます。娘さんの学問をしたいという気持ちが生きる方向に向かえばよいほうに向かう可能性もあると思います。自傷の既往があるので自殺の危険が高いと紋切り型に判定するのもよくないかもしれません。臨床心理士の先生にもアセスメントをお願いして主治医に主体的に判定結果を伝えてもらえば娘さんの意向に少しでも近い結果が得られるかもしれません。

Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.
 プラス評価ありがとうございました。またご質問がありましたらどうぞ。

神経科 についての関連する質問