JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 脳神経外科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 45
経験:  国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
70641304
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

メンタルクリニックを受診しようか迷っている21歳の女子です。 去年の8月から今年の5月まで海外留学をしていたのです

質問者の質問

メンタルクリニックを受診しようか迷っている21歳の女子です。
去年の8月から今年の5月まで海外留学をしていたのですが、去年の11月にルームメイトとケンカ別れをし、その直後に当時付き合っていた彼にフラれ、同時期に当時一番仲の良かった友達に恋愛のいざこざから嫌われてしまいました。現在は落ち着いていますが、それらのことがあった時はひどく落ち込み、食欲の低下から体重が多きく減り、睡眠薬なしでは寝れない日々が続きました。寝るわけでもなく、何もせずボーっとベッドに横たわっている時間も増え、軽く人間不信になり誰とも話をしようとせず部屋に引きこもり自傷を繰り返していました。
現在日本に一時帰国中ですが、また9月から留学を控えています。
メンタルクリニックを受診したい理由は、無気力感から抜け出せないためと、物忘れが激しいためです。とくは物忘れは会話が成り立たなくなるほどひどく、何を言いたかったのか思い出そうとしても頭が上手く働きません。体重の増減など身体的特徴は見られないため鬱などといった精神病ではないと思いますが、以前の自分と比べると明らかに生きる希望をなくした感じで、人との接触を持とうとせず自分の世界にこもる時間が増えました。母親がうつ病を患っていたことから、自分も精神病になりやすのかなと思いますし、昔から精神的に不安定でよく泣いてしまう性格だったため、小学校高学年の時は異常なまでに戦争を怖がり、周囲に迷惑をかけていたことを覚えています。今思うとOCDという病気だったのだと思いますが、昔から感受性が豊かで傷つきやすかったです。
現在この無気力感などは、失恋からくるものと自覚しています。何をしていても彼のことに考えをとられ、物事に集中できないためです。人と会話をしていてもふと意識がそれ、何を話しているのか分からなくなったり、アルバイト中でもボーっとしてしまい、手が止まってしまうのです。今のように朝まで寝れないことも度々あります。
今大学4回生で将来のことや、就職のこと、今年の夏から控える留学のこと、考える事やしなくてはいけないことがたくさんあるのですが、以前のように頭を働かし、体を動かすことができず本当に困っています。留学については、費用を大学が負担してくれているのですが、一定の成績をとらなければ全額返金しなければいけず、このまま留学を続けることがとても心配です。一連の出来事があった後、全く勉学に集中できず成績が著しく低下してしまったためです。このままではいけないと分かっているのですが、何をしても体が重く集中力が続きません。それに、また海外で1人で生活を始めてしまうと自傷行為を繰り返してしまいそうで怖いです。留学をやめようかとも悩みましたが、周りの目を気にしてしまったり、高校生の時に部活を途中でやめてしまったので何かを最後までやり遂げたいというプライドから、留学を途中でやめることができませんでした。
周りの人たちが言ってくれるような真面目でしっかり者の自分でいたいのです。
なまけ病だと言われればそれまでなのですが、自分一人だけではこの無気力感から抜け出せそうにないためここで相談させて頂きました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

20点でした。


この点数だけでなく、初めの相談内容を重視してアドバイスを頂けると嬉しいです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「初めの相談内容を重視してアドバイスを」とのことですので、回答前にまず、精神疾患、なかうづくうつ病という疾患についての説明をさせていただきます。

まずうつ病の「原因」という概念については整理しておく必要があると思います。
うつ病は脳の病気であり、うつ病になりやすい脆弱性を持った方が、一定以上のストレスに晒されるとうつ病を発症すると考えられています。
したがって、うつ病の「原因」といった場合はこの生来もっている脳の脆弱性を指し、発症のきっかけとなるストレスは「誘因」と呼びます。
また、どんなエピソードをどれくらいストレスフルに感じるかは人によって異なりますが、このストレス耐性を決めるのがご本人の性格であったり、養育環境によって後天的に獲得されるストレス処理能力ということになります。
つまり、脆弱性がなければうつ病にはならないし、脆弱性があってもストレス耐性が高い方はうつ病を発症しないし、ストレス耐性が高くてもストレスがあまりに過大であればやはりうつ病を発症する、という関係があります。

相談者様の場合、幼少時からの生活歴、またお母様がうつ病を患われていたという遺伝負因があることから、うつ病を発症する脆弱性はお持ちであると考えるべきでしょう。

海外留学中であったという環境要因や失恋は、誘因に属するものでしょう。

誘因の内容に関わりなく、いちど発症してしまったうつ病の治療方法は同じです。
だから特に、その部分を重んじた回答は想定しておりませんでした。

相談者様が仰られるところの「初めの相談内容を重視したアドバイス」とは、具体的にはどういった助言を求められているのが教えていただけますか?

私はご質問文を拝読して、相談者様のご質問部分は「メンタルクリニックを受診しようか迷っている」という部分だと理解しておりましたのでそれに即した回答をするつもりでおります。

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。
よって、ここで擦れ違いがあるといけませんので、ご質問になりたい事項を具体的に、できれば箇条書きにしていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございました。


このまま納得のいくまでご相談を続けさせていただこうと思いましたが、猫山司さんやこのサイト自体の信頼性の薄さがWEB上で目立っており、これ以上自分の中で心配事を作りたくないので、実際にクリニックに行くことを検討してみます。満足はいっていませんが少しでも相談にのっていただきありがとうございました。

神経科 についての関連する質問