JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14372
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

父(76歳)が自己愛性人格障害だと思います。本人にもちろん自覚はなく、通院歴もありませんが、長年母とわたしたち家族は

質問者の質問

父(76歳)が自己愛性人格障害だと思います。本人にもちろん自覚はなく、通院歴もありませんが、長年母とわたしたち家族は大変な苦労をしてきました。

10年前、兄が、長年父に大変な屈辱を受けていたのち、自殺しました。
でも父は変わらないどころか、その原因を母のせいにしたり、以前よりよくなるどころか、年とともにさらに頑固になり、猜疑心が強くなり、周りの家族を傷つけ、本当に毎日辛いです。
このままだと、母を始め、わたしもおかしくなりそうです。

このような場合、何か手立て(強制的に病院に入れる)などはないものでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
> このような場合、何か手立て(強制的に病院に入れる)などはないものでしょうか。
ありません。

人格障害は性格の偏りであって狭義の精神疾患ではなく、強制的な入院の対象とはならないのです。

これで回答になっているでしょうか。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
その後も他の専門家からの回答は付かなかったようですが、人格障害は性格の偏りであって狭義の精神疾患ではなく、強制的な入院の対象とはなりません。

これが法的にも医学的にも正しい回答となります。

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問