JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

72歳の男性です。6年弱前に妻を亡くし、一人住まいをしています。 今年に入って足先が冷たくなり、しもやけになりまし

解決済みの質問:

72歳の男性です。6年弱前に妻を亡くし、一人住まいをしています。
今年に入って足先が冷たくなり、しもやけになりました。その後足の指の関節が腫れてきました。
両方とも塗り薬で良くなったのですが、1月中旬くらいから下半身が少ししびれ、冷たくなりだしました。
治らないので内科医院に行ったところ、足の血管梗塞が疑われMRIを撮ってもらいましたが異常なし。その後も不思議なことに一日おきに足の異常が続いています。内科医院は精神的、神経的に問題があるのではと言っています。妻を亡くした時はショックでうつ状態になりましたが、何とか克服し今日まで来ています。今年7回忌を迎えますが、それがショックにつながったとは思えません。
1月中旬と言えば、上記のしもやけ、関節痛で悩んでいたのと、4月からの自治会の役員を言われ
やりたくないと強く思ったことがあります。
この一日おきの足のしびれ、冷たさに関して精神面から何かアドヴァイスを下さい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

精神科の疾患の多くは自律神経症状を伴い、それによって手足の末端の血行不良が起こることはあります。血管の収縮や拡張も自律神経によってコントロールされているからです。

相談者様の下肢の血管の狭窄や閉塞が無いという前提で回答を進めます。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/
↑↑↑クリックしていただくとページが開きます↑↑↑

まず、これに関して確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

質問に回答した結果は11点でした。


自律神経が関係していることは、整形外科医からも言われました。


どうすれば改善できるのでしょうか。それを教えて下さい。


それからネットで見ると、心身症がぴったりなんですが、その疑いはありますか。一番わからないのは一日おきに悪くなることです。


症状が出る原因と対処法を教えて下さい。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
よって、「症状が出る原因」については確たることは申し上げかねます。「一日おきに悪くなる」理由も判じかねます。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける11点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様がうつ病を患っておられ、その自律神経症状として末梢循環不全が起きている可能性は否定できません。
この場合は、精神科・心療内科を受診されてうつ病の治療を行うことが、足の冷えの治療にもなります。

また、自律神経症状だからといって循環器科で使用するお薬が効かないわけではありません。
循環器科を受診されて、末梢循環不全がある患者様に用いるのと同じタイプの血管拡張剤による治療を受けられないか相談されてみるべきだと思います。

結論としては、精神科・心療内科は受診されるべきでしょう。
並行して、自律神経症状のコントロールが付くまでの間、循環器科で対症療法を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問