JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは、前向性健忘症について、何を読めば理解できるか専門書を探しています。 映画でも観たことがありますが、記憶

解決済みの質問:

こんにちは、前向性健忘症について、何を読めば理解できるか専門書を探しています。
映画でも観たことがありますが、記憶が10分しか維持できない主人公が、10分ごとに記憶を引き継いでいました。
しかし1分前のこと、2分前のことは覚えているはずで、常に10分前時点の記憶が消えるのではないかと思いながら観ていたので、10分区切りの意味がわからなくなりました。
ネットで調べてもその点について、どのように調べたら分かるのか情報を得ることができず、こちらのサイトに辿り着きました。
どうぞ、よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご質問の背景を教えていただけますか?

何かの創作活動にこの情報が必要なのでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.


質問のきっかけは創作活動です。


記憶に関する心理学の本や脳科学の本を買ってきたのに、


肝心要の知りたい内容についての記述がありませんでした。


(短期記憶の実際の消え方について)


手当たり次第購入するのも大変な経費です。


しかもそれが採用されるとか、賞を取るとか、保障など一切ありません。


ですがここまできたら、正確な記述がほしいと思い、最後の手段でこちらから質問しました。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

「1分前のこと、2分前のことは覚えているはずで、常に10分前時点の記憶が消える」という相談者様のご理解は合っています。

通常、脳外傷によって起こる前向性健忘は海馬の損傷によって短期記憶が長期記憶に移行できなくなることによって生じます。
短期記憶の保持期間は、「メメント」では10分間でしたが、臨床的には、損傷の程度によって異なります。創作であっても、大石エリ氏の「たった15分」では15分ですし、小川洋子氏の「博士の愛した数式」では80分です。
http://amzn.to/1rkGmK1
http://amzn.to/1rkGpFA

りなみに、「ジョジョの奇妙な冒険」にも、前向性健忘に近い症状を起こすスタンドが出てきましたが、あれは時間ではなく「3つの物事しか覚えられない」と、イベントの数で区切っていました。そうした症例は存在しませんが、荒木氏流のアレンジでしょう。

仮に短期記憶の保持期間が10分間の患者様がおられたとして、短期記憶は10分間をひとつのユニットとしてまとめて消えるわけではありません。
「10分前の記憶から消えていく」ということです。
7:00の時点で、6:50以前の記憶は消え、7:01になれば6:51以前の記憶は消え、7:02になれば6:52以前の記憶は消え……というふうに、記憶は、10分区切りではなく、連続性をもって消えていきます(細かいことを申し上げれば、1分区切りで消えるわけでもありませんので、私が挙げた例も厳密には正しくありませんが)。

実際に何が問題になるかというと、10分前の記憶が無いことと、10分前以前に記憶していたことと、現時点での現状認識の整合性がとれなくなることです。
何か作業を始めたとして、自分が何のためにその作業を始めたのかがわからなくなり、それを考えているうちに、なぜ自分がその作業をしている自分に疑問を抱き始めたのかもわからなくなり……といった日常生活の不連続が起こるようになります。
記憶は連続的に失われていきますが、人間の活動はある程度の時間的単位で区切られた作業から成りますので、その区切りごとに(何か作業を始めようとする時に)メモを取る患者様が多いということでしょう。

具体的に前向性健忘を取り扱った書籍には心当たりがありませんが、高次脳機能に関する書籍であれば、いくらかはこの症状に紙幅が割かれていると思います。
ただ、珍しい症状ですので(珍しいから色々な創作物のテーマになるのでしょうが)、これを専門的に扱った本は無いと思います。

神経内科的な、稀少で興味深い症状に関する記録という意味では、オリヴァー・サックス氏の著作のいくつかが、間接的にはお役に立つかもしれません。
http://amzn.to/1fmwtWN
http://amzn.to/1k4L5OR(たしか前向性健忘の症例が紹介されています)
http://amzn.to/1idg1Os(たしか前向性健忘の音楽家のエピソードが紹介されています)

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問