JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院神経科精神科にて勤務経験あり
75835603
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

二十歳になる息子のことでご相談します。中学校は自転車登校でしたが、高校から、電車登校になりました。1年生の6月頃から

解決済みの質問:

二十歳になる息子のことでご相談します。中学校は自転車登校でしたが、高校から、電車登校になりました。1年生の6月頃から、最寄りの駅に行くと、腹痛を訴え登校を渋るようになりました。当初、内科に連れて行き、過敏性胃腸炎の診断を受けましたが、良くなりませんでした。そのうち、「電車の中の周りの人が、ぼくをみているようで怖い」というようになりました。その頃から、自分から、「心療内科」の受診を希望したため、知人に紹介してもらいました。通院して3年になります。いろいろ薬を試した結果、現在は、躁鬱の診断をいただき、ヨシトミ200㎎を朝夕服用しています。お医者さまとの話し合いにも本人も親も特別に不満はありません。しかし、息子はどうしてもほとんど家にいるので、体重がとても増えています。肝臓の血液検査の結果も良くありません。何か運動をしようと思っているようですが、一歩が出ません。そのほかのことに関しても、何も興味が持てず毎日を過ごしています。高校は、途中から通信制にかわりました。今でも籍を置いています。今年度頑張れば、充分卒業できるのですが、「もう2年、まってくれる?」と、消極的な事ばかり言います。結果的に卒業できなくても、かまわないのですが、やらないうちから消極的な考えに納得できない部分があります。自動車免許取得もも、「もし、人が飛び出してきたら怖い」消極的です。普段の生活は、食事は台所に降りてきます。会話は成り立ちますし、気が向けば家の手伝いも時にはしてくれます。外出は高校時代の友達が大学から帰ってきたときに数回会う程度です。親として、このまま見守ってやればいいのでしょうか?或いは、肝臓や健康も気になるので、一度総合病院に受診したほうがいいのか迷っています。息子は、総合病院の受診に対しては、今は、どちらでもいいようです。くわしく書けませんでしたが、こんな質問でもいいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
はじめまして。よろしくお願いします。
どんな質問でも大丈夫です、ご安心下さい。
躁鬱病で治療中の息子様のご相談ですね。ご記載の内容から、症状はある程度落ち着いているようにお見受けします。肝臓の結果に関しては、定期的に検査をすることが大切です。薬の減量や中止の判断をするためです。しっかりと定期的にチェックされている先生であれば、今すぐ総合病院を受診する必要はないように思いますが、もし心配でしたら、一度肝臓の専門の先生への紹介状を現在の主治医に書いてもらって、受診されて下さい。また、躁鬱病に関しては、治療方針や、今後のご本人の将来の希望などふまえて、よく話し合いをされることをおすすめします。
ご質問の回答になっていますでしょうか。
ご不明点あれば、ご返信下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

返信ありがとうございました。もう少し教えてください。自動車免許取得に消極的な所や、何も興味が持てないことは、躁鬱の症状の一つとして考え、しかたがないことなのでしょうか?また、挑戦してみては?とうのこえかけは、負担になるのでしょうか?

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。
回答が遅くなり申し訳ありません。
何に対しても興味がないことは躁鬱の中でも鬱の症状の可能性はあります。免許取得に消極的な所に関しては、元来のご子息の性格を存じ上げていませんので、お答えするのが難しいのですが、元々新しい物事に対して慎重に色んなシチュエーションを想像してから挑戦される方でしたら、特に病気が原因というわけでもないと思います。しかし、病気になる以前の性格からはそういった消極的な部分が考えられないのであれば、病気の症状によるものの可能性もあると思います。挑戦してみては?などの声かけに関しては主治医の先生にアドバイスを求められて下さい。直接診察できない私では責任を持ってお答えすることができません。申し訳ありません。
Dr-KUMAをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問