JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

先月23日から発熱(37.2度)があり、翌日内科受診したときに「38度を超える熱が出ればインフルエンザの可能性あり。

質問者の質問

先月23日から発熱(37.2度)があり、翌日内科受診したときに「38度を超える熱が出ればインフルエンザの可能性あり。」頓服の熱さましの薬を処方していただき、熱を抑えました。(私はインフルエンザにならなかったようですが、職場で同時に3人がインフルエンザになっています)。一週間37度の微熱、そのうちに背中上部に、海水浴後に感じるような焼けるような痛みを感じるようになりました。発疹や赤くなるような皮膚異常はありません。年度替りに職場の異動があり、普段より仕事も忙しく痛みをこらえていました。4月3日、整形外科受診。レントゲンを撮った結果は、異状なし。痛み止めをいただき、焼けるような痛みはなくなりましたが、両腕内側、下腹部、太もも内側など日替わり、または、部位によっては継続的に痛みがあります。その痛みは、ぴりぴり、ひりひり、服でこすれると痛い、歩くと下腹部に響いていたい、というものです。
 発疹などはまったくありません。この不快な痛みににについて、どう対処したらよろしいでしょうか?ぎ海東降ろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.

 ギランバレー症候群や慢性炎症性脱髄性多発神経炎など免疫介在性ニューロパチーなども考えられます。ただギランバレー症候群では運動障害のほうが強いのが普通なのが合わないかもしれません。原因としては上気道感染やマイコプラズマ感染、カンピロバクター感染、EBウイルス感染などがあります。抗ガングリオシド抗体をはかったり、各種感染症抗体をはかったりしてみてもよいかもしれません。また神経伝導速度検査をしてみたりMRIで神経根の病変を調べたりしてみてもよいかもしれません。髄液検査なども有用かもしれません。運動障害がなく神経痛のような症状だけですのでリリカやテグレトールのような薬剤で対症的に対応してもよいかもしれません。無疱疹性帯状疱疹というのもあるようですので水痘帯状疱疹ウイルスの抗体価を測ってみてもよいかもしれません。もしそれならゾビラックスやファムビルなどの治療もよいかもしれません。

 各種検査をしても何も出ず症状も続くようなら他に考えられる疾患もありますのでまたこちらに相談されるか大学病院などの神経内科や内科、精神科などに受診されるかされるとよいと思います。

Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


病院で受診するのであれば、まずはどこの科に行けばよいのでしょうか。神経痛を疑うときは、整形外科ですか?


高知県在住ですが、良い病院などあれば教えてください。


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


病院で受診するのであれば、まずはどこの科に行けばよいのでしょうか。神経痛を疑うときは、整形外科ですか?


高知県在住ですが、良い病院などあれば教えてください。


 

専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.
 プラス評価ありがとうございました。高知県であれば高知大学医学部神経内科がよいかもしれません。末梢神経障害をきたす病気は多く全身の検索を必要とするかも知れません。末梢神経疾患の研究で有名なのは近畿大学医学部の楠進先生などです。大阪まで行くなら大阪大学や京都大学などもよいかもしれません。

神経科 についての関連する質問