JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

デパスの離脱症状で苦しんでおります。宜しくお願いいたします。62歳女性です。  私は大うつでH15年に入院しデパス

解決済みの質問:

デパスの離脱症状で苦しんでおります。宜しくお願いいたします。62歳女性です。
 私は大うつでH15年に入院しデパスも薬剤の一部として服用していました。2年後にデパスをやめましたが、その時離脱症状はでませんでした。H18年にうつ病を再発し、デパスも薬剤の一部として投薬されました。ここ数年はトリプタノール10mgを朝晩1錠づつとデパス0.5mgを朝晩1条づつ服用しています。デパスをやめたいと思い1週間につき2錠の服用をやめたら3週間で、頭がふらふらで血圧が高くなりました。主治医はデパスはいい薬だから一生のんでいてもいいと言われています。
 猫山司先生の言われているような、「まずはもっと止めやすい長時間作用型のベンゾジアゼピン系抗不安薬に置換してから減量するという方法」を処方してくださる先生を紹介していただけないでしょうか?
私は福岡県南部の小郡市に在住しております。福岡市や久留米市などで受診できると幸いです。
宜しくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山です。

非常に難しいご相談だと思います。

病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の 病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。

そもそも、小郡市や福岡市や久留米市に相当の土地勘があったとしても、どこの医師がベンゾジアゼピンの適切な減量方法を熟知し、実践しているかを知ることはとても困難なことだと考えます。
同じ病院で一緒に働いているのでもない限りは、他の医師の臨床的な活動内容まで把握することはできないからです。

一つの代替案ですが、以下のリンクから検索できる、日本精神神経学会の研修施設を受診されて相談されてみてはと思います。
精神科認定医の認定機関で、薬物療法も含めて適切な精神科治療を研修させている病院ですから、一定以上のクオリティは期待していただけると考えます(既に通われている病院がこのリストに入っていても、他院でセカンドオピニオンを受けることは有用です)。
https://www.jspn.or.jp/jspn_ippan/kensaku/kenshuShisetsu.do
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問