JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2012年8月に左口唇のしたの方に出来た唾液腺腫を切除しました。その後1㎝ほどの麻痺が生じ経過観察。冬になるとその部

解決済みの質問:

2012年8月に左口唇のしたの方に出来た唾液腺腫を切除しました。その後1㎝ほどの麻痺が生じ経過観察。冬になるとその部分がひどく違和感を感じ、口腔外科受診するもここでは診れないと言われ、自律神経失調症でかかりつけの心療内科でその事を話すと 内服 リリカ トレドミン がでました。その後しばらくすると患側の口唇が左に動くようになり、上記薬をやめても治らずボトックスの注射も試しましたが、悪化するばかり。結局精神科を紹介され、現在 内服 レメロン15 デパケンR400 ソラナックス朝昼夕 で内服しております。症状はかなり軽減しておりますが、やはり左口唇の経度の動きはあります。
私はジストニアではないかと思うのですが、精神科医師は不安神経症による口唇の痙攣ではないかと診断されております。よく話を聞いて下さる医師で信頼はしていますが、このままで治るのか、一生薬を飲まなければいけないのか子供も小さいので不安をかんじています。                        アヒル
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山です。ご指名ありがとうございます。

ご記載を拝読して少し混乱しております。

手術後に違和感が現れ、その後に「しばらくすると患側の口唇が左に動くように」なったとのことですから、手術によって神経損傷を被った可能性が高いのではないかと考えます。

神経損傷による痛みがあったわけでありませんので、当初リリカやトレドミンが処方された理由も理解しかねます。

また、「レメロン15 デパケンR400 ソラナックス」という処方内容もまた理解が困難なものです。これでは躁うつ病の処方です。

「このままで治る」とは思われません。

①口腔外科の医師は、なぜ「ここでは診れない」と言ったのでしょうか?

②心療内科・精神科のお薬はいつ頃から服用されているのでしょうか(手術以前からですか?)。

③今回、具体的には何をご質問になりたいのか教えていただけますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

1口腔外科では神経障害も回復してきているし、しびれなど違和感があるわけでもない。精神的なものであろうとかかりつけの心療内科からその病院の心療内科へ紹介状をもらって受診して下さいと言われました。しかし心療内科では坐骨神経などに効く良い薬があると言われ。それを内服すると意識がぼーっとなり家事ができずかかりつけの心療内科に希望で入院しました。そこではトレドミンも追加処方となり。しばらくすると口が動き強い不安におそわれました。そこで怖くなり退院。2 心療内科では4~5年前より メデタックスとメイラックスを内服してました。精神科には13年の8月から受診しています。3今回の口唇の動きはリリカなどによる薬剤性のジストニアの可能性はないでしょうか?もしジストニアだったとすれば上記処方で楽になるものなのでしょうか?このまま精神科だけにかかっていていいのか、神経内科を受診すればいいのかお考えをお聞かせ下さい。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

術後に起きた感覚障害・運動障害を「精神的なもの」で片づけてしまうことはしばしば危険です。
経過からして、少なくとも感覚障害は術後合併症である可能性が高いと考えます。

トレドミン開始以降に唇の不随意運動が始まったようですから。
ちなみに「ジストニア」は筋肉が硬直して動きが悪くなるタイプの不随意運動です。ご記載からすると、相談者様の唇の動きは、薬剤起因性不随意運動だとすれば「ジスキネジア」と呼ばれるタイプのものです。ジストニアにはボトックスは効きますが、ジストニアには効果がありません。

大変お気の毒に思いますが、相談者様はこれまで、各科のそれぞれの医師に、ことごとく不適切な診断を治療を受けられてこられたように思われます。

神経内科の受診をお勧めいたします。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご親切にありがとうございます。


正直今まで悔しい思いでいっぱいす。でも生きていかなければなりません。口の筋肉は感覚的には硬いのですが触るとやわらかいです。


私は岩手在住なのですが、ボトックスの受けられる神経内科がないようです。


もし分かればでよいのですが、近隣の県などにジストニアの名医がおりボトックスの受けられる病院があれば教えていただきく存じます。お忙しいところもうしわけありません。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様の場合、眼瞼痙攣・片側顔面痙攣に対するボトックス治療を行っている医療機関を受診されるべきかと考えます。

以下のページに名前を連ねている医師であれば、レベルの高いボトックス治療が期待できると思います。
http://botox.jp/clinicians/bs_hfs/short_interview/index.html#area002
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問