JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2年前からうつ病だと言われ治療してました。しかし、なかなか治らないこともあり、最近、主治医に聞きました。不安障害と言

解決済みの質問:

2年前からうつ病だと言われ治療してました。しかし、なかなか治らないこともあり、最近、主治医に聞きました。不安障害と言われました。
仕事はいつも緊張しながら、先輩に何言われるだろうと常に考えて仕事してました。しかし、午後4時を中心にての震えや動悸、息切れがして立てなくなることがあります。その時に頓服のソラナックスを飲んで楽になりました。自分でも不安障害って何かわからないし、どう向き合ったらいいかわかりません。仕事場では休むように言われましたが、休むことによっての不安、申し訳ない気持ちもあります。一体どう自分が関わったらいいのか分かりません。どうしたら、治りますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

「不安障害」とは、パニック障害や強迫性障害など、いくつかの疾患の総称であって、相談者様がご記載になられているような状態を指す言葉ではありません。

そのような用語の使い方をする医師のもとで治療を受けられているわけですので、相談者様が適切な治療を受けられていない可能性もあるのではないかと推察します。

【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2006年 日本うつ病学会調べ)】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

少し補足情報を下さい。

①うつ病と「不安障害」に対して受けられている治療内容を教えて下さい。薬物療法を受けられているのであれば、処方されているお薬の名前とそれぞれの1日量を教えて下さい。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.
評価18点です。
今はリーゼ(朝、夕)アキネトン、ドグマチール、エビリファイ、レクサプロ(夕)
ジェイゾロフト、レンドルミン(寝る前)内服中です
振り返りみたいなのを勧められました。言われたことに対してどう考えたか、どう思ったかなどを書いてみてはと言われました
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様は、ドグマチール、レクサプロ、ジェイゾロフトと、3剤の抗うつ薬を併用されています。これはリンク先の記事にも記載があった多剤併用療法であって、治療的にあまり意味があるものではありません(リンク先の記事にもあったように、むしろマイナスに働くことが少なくありません)。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 この点数は相談者様のうつ病が、2年間にも及ぶ治療にも関わらず、現在、重度の症状を残していることを意味します。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

「いつも緊張」していて、「震えや動悸、息切れがして立てなくなることが」あるのは、新たに別の病気を合併したのではなく、うつ病の症状として説明可能です。

重度のうつ状態にある患者様が「振り返り」をすることは難しいと考えます。
おそらくは認知療法的なアプローチを意図しているのだと思われますが、現状、相談者様の意欲や気分がそれに適した水準にあるとは思われません。むしろ悪い方向にばかり物を考えてしまい、さらに落ち込む結果になるのではないでしょうか。

お仕事も、休まれた方がよいと思います(「休むことによっての不安、申し訳ない気持ちもあります」というお気持ちも、うつ病の患者様がしばしば仰られることです)。

十分な休養をとられ、適切な治療を受けられるべきだと考えます。
他院でセカンドオピニオンを受ける、もしくは転院されることは考えていられないのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
セカンドオピニオンした方がいいのか分かりません。また、同じ結果を言われると思うし…
親には言ったことあるけど、どこの病院がいいか分かりません。主治医も変わった所なので、すぐにはと思いまして。
やはりうつ病だったんですね。そんな感じしました。最近、朝が気分のらないまま仕事してました。
セカンドオピニオンのこと考えてみます
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

セカンドオピニオンを検討される場合、以下のページに掲載されている病院であれば、高いレベルの診療を受けられる可能性が高いと考えます。

まず、日本うつ病学会の役員が勤務する医療機関です。
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/organization/index.html

こちらは精神科認定医の認定機関である日本精神神経学会の研修施設です。
https://www.jspn.or.jp/jspn_ippan/kensaku/kenshuShisetsu.do

これらの医療機関であれば、一定以上のクオリティは期待していただけると考えます(既に受診された病院がこのリストに入っていても、他院でセカンドオピニオ ンを受けることは有用です)。 早くうつ病の専門医制度ができるといいのですが、現時点ではこれくらいしか信頼できるリストがないのが現状です。

医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ますので、こちらで受診先を相談されるのも一法でしょう。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問