JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母が、解離性障害の疑いがあると診断されました。それまでは、認知症のせいで問題行動が起きているものと思われていたので、

解決済みの質問:

母が、解離性障害の疑いがあると診断されました。それまでは、認知症のせいで問題行動が起きているものと思われていたので、意識障害などの症状も詐病と診断されたりしています。まだ、治療を受けていませんが、それには理由があります。一番困った問題行動が、食事をとるときに噛まずに次から次へと口に詰め込んで呑み込んでしまうのです。本人も注意されてもコントロールできないようです。そのため、食べ物を気管支に詰めてしまい、心肺停止となり、現在集中治療室で回復を待っているところです。一週間で二度目で、前回は奇跡的に意識を取り戻し、今回は入院中に起きたため医師の方々の迅速な対応のお陰で自発呼吸があります。脳や身体の抹消へのダメージがどれくらいかは今のところ分かりません。問題行動の中には、母のように、自分をコントロール出来ず、食べ物を詰め込むなどの症状も起こりうるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
猫山と申します。精神科医です。かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

解離性障害では生死に関わるような行動はとらないので、私の印象としてはその診断は疑わしいように思います。

少し補足情報を下さい。

①41歳というのはお母様のご年齢ですか?

②認知症は認知症で間違いなくあるのでしょうか。認知症のタイプを教えて下さい。

③「解離性障害の疑いがあると診断」したのは、何科の、どのような専門性を有した医師でしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①私の年齢です。母は74歳です。


②前頭側頭型認知症


③市立豊中病院(大阪府)の心療内科医です。


食べ物を詰め込んでしまうのは、わざとではありません。自分でコントロールできないようです。また、その行動のために解離性障害の疑いがあると言われたわけではありません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

脱抑制が前頭側頭型認知症の主症状ですから、「食べ物を詰め込んでしまう」ことは認知症の症状と考えて矛盾はないでしょう。

ご返信を拝読して少し混乱しているのですが、最初、相談者様は「一番困った問題行動が、食事をとるときに噛まずに次から次へと口に詰め込んで呑み込んでしまうのです」と仰っていました。これは上述の通り、前頭側頭型認知症の症状としてありうることです。

一方で今回、「その行動のために解離性障害の疑いがあると言われたわけではありません」とも仰っています。

④では、どのような言動に対して解離性障害(疑い)の診断が下されたのでしょうか?

⑤今回のご質問が「問題行動の中には、母のように、自分をコントロール出来ず、食べ物を詰め込むなどの症状も起こりうるのでしょうか?」なのであれば、堪えはYesです。これで回答になっているでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

先ほどの追加情報がややこしくてすみません。


 


④もともと母は老人ホームでお世話になっていましたが、除脈のため入院していました。主治医の先生は循環器の先生ですが、母の様子から認知症だけではなく、精神的な疾患があるのでは、と判断した結果心療内科の受診も手配して下さいました。そこに、今回の誤嚥による心肺停止が起きたため、詳しい診断理由を聞けていません。本来ならば、退院して、他の入院可能な心療内科のある病院で精査していただくところでした。


 


⑤私の質問の仕方が悪かったようです。問題行動が精神的なものから来ているのかと勝手に思ってしまいました。食べ物を詰め込んでしまうのは、認知症が原因なのですね?


 


⑤については、命に関わることなので、なんらかの治療で治ると思いたかった気持ちが強く、精神的なものが原因なのでは?と期待してしまい、変な質問の仕方になってしまいすみません。認知症によるものだとすると、直す方法はないのですね?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

前頭側頭型認知症が、患者様を非常に扱いづらくしてしまうタイプの認知症であるということは既にご存知ですよね?
質問者: 返答済み 3 年 前.

いいえ。母の様子がおかしいと思った当初は、アルツハイマー型認知症と診断されていました。それがどうも当てはまらない、ということで再度診て頂いて初めて前頭側頭型という認知症だと言われ、まだ良く分かっていないのが現状です。精神的な疾患から勉強していて、まだ詳しくは勉強できていません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
前頭側頭型認知症は多彩な精神症状やそれに伴う逸脱行動を伴う認知症です。
http://www.kikuchi-nhp.jp/pdf/monowasure_gairai/monowasure_gairai2.pdf
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

少なくともご記載されている限りのお母様の行動は前頭側頭型認知症の症状として矛盾しない……と申しますか、典型的なものだと考えます。

非専門医にとっては精神疾患のように見えるかもしれませんが、前頭側頭型認知症とはそういう疾患です。

残念ながら、お母様の逸脱行動は今後悪化することはあれ、治療によって改善することは期待できないでしょう。

老年精神医学の専門医の受診を検討されてもよいのではないかと思います。

下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りのお母様の症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】
http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問