JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 4104
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

はじめまして66歳の主婦、一年前より足の裏足先から大腿、尻、腰、背中にチクチクと針で刺されているような痛み今まで3か

解決済みの質問:

はじめまして66歳の主婦、一年前より足の裏足先から大腿、尻、腰、背中にチクチクと針で刺されているような痛み今まで3か所の病院で診てもらいましたが病名がバラバラで血液検査、頚椎、腰のCTなどの検査でも異常なく天候により痛みの強さもちがう(特に冷えの強い)
また、ジーパンなどのごわごわした衣類も肌に触ることでも  夜寝床に入って寝付くまで辛く不眠
今現在りユウマ漢方科で診てもらっています



投薬 
毎食  漢方薬  毎食後 ツムラ107
     朝 リりカ25 1T 
     夕  リりカ75 1T  
     寝る前にリポトリール0,5 1T
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
正確にどこが痛いですか。0を痛みがない10を最も強い痛みとすると1から10でどれにあたりますか。どのような痛みですか。その痛みはどこかに広がりますか。その部分を押さえると痛いですか。皮膚に変化はありますか。その痛みを悪化させること、軽減することがありますか。寒さで足に指の色が青白くなりますか。脚の痺れ、弱さがありますか。両側(両脚)に症状がありますか。いつもその症状がありますか。段々と悪化してきていますか。他に症状がありますか。何かきっかけのようなことにきずいていますか。
家庭や仕事でここ一年間でストレスがふえましたか。
病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて他に薬を飲んでいますか。あなたがここに示して薬が効いていますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お世話になります


身長154㎝体重42K 2年前に肺炎悪化し一時36Kまで減少しましたが徐々に増え今は元の元気な時と同じ体重になりました。


肺炎を悪化させたことで肺化膿症になり随分良くなり3か月に1回定期的に受診 痛みの部位足の裏側→尻腰背中と広がり押えると痛み6程度 皮膚の変化はなく冬の冷えが強いと痛みが増し軽減することはない。チリチリ、チクチクと針で刺されている 寒さの色の変化や弱さなどはない


両脚の症状として右側足先→大腿部痛みの強さ6 左側足先→膝下4 初めは足だけでしたが、腰尻背中で悪化している


ストレスと言えば実家の母が2年前に入院死亡葬儀など疲労だたまった後長引いた私の肺炎そして肺化膿症に


漢方 リュマチ科以外に内科でクラリス200 1錠のみ


手術 WPW H14 12月


家系に病人はいません


 以上


よろしくお願いいたします


 


 


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
つまり、足の裏側から痛みが出て太もも、尻、背中にその痛みが広がっていくということですか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お世話になります
 症状情報不足すみません 針で刺す痛みは一日中で特に痛みを強く感じると足の裏側から出た痛みが尻背中に広がっていく


足の裏側から痛みが出て太ももだけの日もあります


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
足の裏側の痛みがその元であるということですか、それとも場所は独立して痛いということですか。
質問者: 返答済み 3 年 前.


足の裏側の痛みがその元であるということです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
おそらく、その足の痛みのために歩行時にぎこちない歩き方をするために膝、股関節、腰椎に負担がかかったために起ったと思います。可能性としては足の末梢神経障害、足根管症候群(足の内側の踝で脛骨神経が圧迫を受けている)、多発性硬化症(脳の脱随性疾患)が考えられます。公立の大きな病院の神経内科または整形外科で血液検査、足の神経学的検査、足の神経伝達検査、足の筋電図、足のレントゲン、脳のMRI等を受けてください。末梢神経障害で原因が分からない場合は腓腹神経の生検(足の外側の踝の付近)を受けてください。
Dr_GATOをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問