JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山様、 44歳サラリーマンです。12月に部ランクの責任者へ昇進したのがきっかけで、それまでも多忙を極めており

質問者の質問

猫山様、

44歳サラリーマンです。12月に部ランクの責任者へ昇進したのがきっかけで、それまでも多忙を極めておりましたが、この2か月状態がひどく、心身不調を訴えて、心療内科へいきましたが、身体表現性障害と診断されました。今日も午後から休日出勤ですが、体中の震え、寒気、胃痛が断続的に襲ってきて、会社へ行くのがとても怖い状態です。営業職ですが、数字のプレッシャーもすさまじく、耐えきれなくなってきております。家族もおり、休職、退職は避けたいのですが、このまま今の生活を続けることが困難に思えております。身体表現性障害というのは、休職、配置変換の理由になりえるのでしょうか?もしそうであるなら、会社へ勇気をもっていってみることも考えたいと思い、相談メールしております。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山です

①なぜ「身体表現性障害」という診断が付いたか、これがどのような疾患であるか、主治医からどのように説明を受けられていますか?

②実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のお返事ありがとうございます。


①うつ病ではないが、ストレスとか疲れでよくなる症状、このままの生活を放置するとうつになる可能性がある、


平日は無理でも休日家族と話したりリラックスする時間を取ることが大事、恐怖心が収まらないなら薬もあるけどどうしますか?と言われ、薬は怖いので、回答したらもう少し様子見ますか?と言われました。


②12点、中程度でした。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず、身体表現性障害という診断は「違う」ように思います(実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、基本的には主治医の診断を優先されるべきではありますが)。
身体表現性障害とは「ストレスとか疲れでよくなる症状」ではなく、いわゆる、古典的なヒステリーです。
http://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/somatiz01.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける12点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様がご記載になられている現在のご様子は、うつ病の症状によるものと考えて矛盾しません。
うつ病は多彩な自律神経症状を伴う疾患ですので、「体中の震え、寒気、胃痛」といった症状を伴うことは珍しくありません。

主治医とは、診断について確認されるべきですし、抗うつ薬を中心とした薬物療法も検討されるべき病状だと考えます。

また、お仕事上のプレッシャーが発症誘因である可能性はきわめて高いと思われますので、主治医に診断書を作成してもらって、自宅療養、また、配置転換の検討を職場側に検討してもらう必要もあるでしょう。

「身体表現性障害というのは、休職、配置変換の理由になりえるのでしょうか?」とのご質問でしたが、病名ではなく、重症度によって休職や配置転換は決まるでしょうから、診断が身体表現性障害のままでも、この点においては問題はないと考えます。
よって、診断書に「上記診断のため、○ヶ月の自宅療養を要する。また、配置転換が望ましい」旨の記載をしてもらう必要があります。
実際にそれがどこまで受け入れられるかは、勤務先側が産業医と相談して決まることになります。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をお願いいたします。

神経科 についての関連する質問