JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

こんにちは。 このサイトを見て、ぶしつけながら質問させていただきます。突然のことながら、よろしくお願いいたします。

質問者の質問

こんにちは。
このサイトを見て、ぶしつけながら質問させていただきます。突然のことながら、よろしくお願いいたします。
私は、秋田県北部に住む、38歳の男性です。
既往歴は、30歳頃から、2型糖尿病、32歳頃から、不眠、夏場でも寒さを感じるなどの症状があり、秋田市内の心療内科のある病院で診察を受けたところ、うつ病と診断され、仕事(地方公務員)を休職し、36歳で、休職期間が満了したため退職。
その後生活が荒れ、急性膵炎を3度経験しましたが、生活改善を図り、37歳で、自動車整備工場の経理事務につきましたが、冬場の除雪作業(深夜からのホイールローダーを使った除雪)により生活リズムが崩れ、高血圧と高血糖で卒倒し、主治医から自律神経がおかしいと診断され、再び休養をとることとなりましたが、会社側で社会保険などの経費を払うことが出来ないと言われ退職し、昨年の4月から再び無職となりました。
その後の生活面では不眠がちではありますが無事に過ごしていました。
しかし、昨年の9月、強烈な背中の痛みを感じ、地元の救急対応がある病院(糖尿病で通院している)に入院し原因を調べるためj検査・治療をしましたが、脊髄、大動脈及び内臓にも異常は見られず、消火器内科の先生に、糖尿性末梢神経障害ではと疑われましたが、手や足には、痺れや痛みは無く、結局原因不明のまま退院しました。
しかし、退院後も痛みは和らいだものの、背中にシャツが当たっただけでもヒリヒリする痛みや、夜中の発作的な痛みは治まらず、心療内科の先生に相談したところ、うつによる痛みも考えられるが、一応、神経内科でも診察を受けて見たほうが良いということで、紹介状を書いていただき、12月に診察にいき、末梢性神経障害とのことで投薬を受けました。
しかし、幾分痛みは和らいだものの未だに仰向けになって寝ることができず、先日の診察で、「どの程度の期間で治るものでしょうか?」と聞いたところ、先生からは、「うつ病もあるし、恐らく脳で痛みを増幅させて痛みを感じているのだろうから、あなたよほどの治るきっかけがなければ、一生付き合っていくことになると思います。」と言われかなりのショックを受けました。
その日のうちに心療内科に行きその旨を先生に話したところ、「中枢神経であれば一生ということは考えられるけど、末梢神経であれば治らないことはないと思うよ!大丈夫、今は治療のことだけ考えて!先のことはその時になってから考えればよいから!」と励まされ、幾分気を取り直しましたが、現実の問題として、今は社会保険の傷病手当金で生活していますが、それが終わったとき、障害関係の保障が受けることも難しそうだし、かといって今の症状のままでは、就労することも無理な感じでどうすれば良いか非常に不安を感じています。
こういった、症状をもつ患者さんは他にも大勢いるのでしょうか?
また、治る見込みが本当にあるものか知りたいと思います・
現在の投薬は、

神経内科:リリカカプセル75mg8錠、リボトリール0.5mg2錠、ボルタレンサポ50mg14日分、ボ
ルタレン25mg14日分(下痢がちなため座薬が使えないとき用)

心療内科:サインバルタ20mg3錠、リフレックス15mg3錠、ハルシオン0.25mg1錠、ロヒプノール1mg1錠、レキソタン2(頓服)10日分

消化器内科:ヒューマログMIX50 朝4夕6単位、グラクティブ50mg1錠、カルブロック16mg1錠、オルメテック20mg1錠、ガスロンOD2mg2錠、パリエット10mg1錠、ミヤBM1日3回、ブスコバン10mg(頓服)10日分

です、心療内科分は障害者自立支援制度を使っているため、ほとんどかかりませんが、他の分で生活費がぎりぎりいっぱいの状態です。

何か良いアドバイス等ありましたらよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.
 たくさんの障害を抱えておられてご心配ですね。心療内科のアドバイスでいくらか気が楽になられたということなのでもう少し心理療法に力を入れて見られたらよいかもしれません。精神分析や芸術療法、箱庭療法などいろいろな治療があります。臨床心理士のいる精神科などを受診し心理アセスメントなどを受けられて心理療法などを導入するとだいぶよくなるかもしれません。生活面でソシアルワーカーなどに相談してみると不安が軽くなるかもしれません。
Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.

 プラス評価ありがとうございました。またご質問がありましたらどうぞ。

神経科 についての関連する質問