JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14260
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

弟のことで、相談です。夏に田舎に帰った時、両親から相談を受けました。話していても、急に怒り出し、暴力をふるうようにな

解決済みの質問:

弟のことで、相談です。夏に田舎に帰った時、両親から相談を受けました。話していても、急に怒り出し、暴力をふるうようになった。現在、35歳。仕事をしておらず、家にこもりきりですが、父が病気になってから、母にプール通いを強要し、最近では、母を奴隷扱い、言葉や態度がますますひどくなってきました。私のことも、あんたは自分の話を聞かな いから、不健康なんだ・・と電話でも、つじつまが合わない話を何時間もしています。田舎は、病院にも遠く、私もすぐに帰れる距離ではないので、心配です。弟を病院に連れていき、診てもらうのが一番だと思うのですが、手立てがありません。”人格障害はあるけど、精神障害はない”と保健所の人に来てもらったときに言われたと母から聞きました。身に危険が迫ったら、警察に行きなさいとも言われたそうです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

既に保健所には相談されているのですね。
であれば、「病院に連れていき、診てもらうのが一番」ではないという結論が出ていることになります。

少し補足情報を下さい。

①弟さんの最終学歴を教えて下さい。

②弟さんは、なぜ35歳で無職で、親のすねかじりを続けているのでしょう?

③弟さんの元々の性格からすると、現在の状態は想像しがたいものなのでしょうか。

④相談者様は弟さんが人格障害ではなく、精神疾患を患っていると想定されているのですか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生


こんばんは。宜しくお願い致します。


 


①弟さんの最終学歴を教えて下さい。


 →親元を離れ、文系4年生大学に通い、卒業しました。


  その後直ぐに実家に戻っています。(彼女が郷里にいたせいもあります)

②弟さんは、なぜ35歳で無職で、親のすねかじりを続けているのでしょう?
 →キチンとした就職はしておらず(強く希望もせず)アルバイトをいくつか働いていましたが、それほど長続きしませんでした。大きな失敗の話も特に聞いたことがありません。親が自営業であるため、実家の手伝いなどを行っていましたが、段々とアルバイトも手伝いも減り、無くなり、今に至っています。


 →親の自営業は、病気のせいもあり、現在は、ほぼ引退している状態です。親は、年金生活になりつつあります。


 →なぜ働かないのかは、ハッキリは分かりません。


  本人は、現在の日本は平等ではないことにとても不満を示していました。働きすぎてお金を貯める事をみんなが止めれば、世界は平等に暮らしていけるようなことを延々と話しています。


 →少し前は、親に向かって、何故大学に行かせたのか、怒っていました。


無駄な時間だったのか、お金がもったいなかったからなのかは、分かりません。


 →最近は、自分が親の健康のためにアドバイスをして健康に生きさせているようなことを話しています。親がプールに行かないと怒り出します。また、健康トレーニング器具もやや無理やり、親に押し付けています。


 →このような状態になったのは、親が言うには、インターネットであるページを夜な夜な見ているからだとのことです。


 →また、親がお金をある程度、貯金を持っていると考えているふしもあります。


 →弟が末っ子ということもあり、自立教育を怠ってしまったことは、親も認識しています。親は、このような状態になっても、子どもに対して、強い姿勢で教育することを躊躇っています。(年齢のせいもありやや諦め)インターネットを与えたことに対しては、後悔しています。



③弟さんの元々の性格からすると、現在の状態は想像しがたいものなのでしょうか。
 →昔はとても素直というか純粋で、人に対しても優しく思いやりがあり、とても温厚な、若者でした。サッカーなども大好きで、一つのことに打ち込む姿勢は、頼り甲斐のある青年という感じでした。私もそうですが、本人からしてみても想像はしてなかった現在の状態ではないでしょうか。



④相談者様は弟さんが人格障害ではなく、精神疾患を患っていると想定されているのですか?
 →地元の保健所の方の意見(診断)です。
  私は、正直判断できません。


 


親が、参ってしまっていますので、近々、私が実家に帰省し、親の話を聞いて、本人にも会ってこようと考えています。


 


何卒宜しくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

判断に苦しむところですし、対処は非常に難しい事例だと思います。

いただいたご返信の中の、「働きすぎてお金を貯める事をみんなが止めれば、世界は平等に暮らしていけるようなことを延々と話す、「自分が親の健康のためにアドバイスをして健康に生きさせている」、という、弟さんの言動に関する記載からは、弟さんが、人格障害よりも、発達障害・自閉症の方特有の思考の硬さ、思い込みの強さ、周囲の感情の読めなさ、といった要素を持っている印象を受けました(精神疾患、特に統合失調症で見られる典型的な妄想の特徴は備えていないと思います)。

【積極・奇異群】
・他人に積極的に関わろうとするが、相互的ではなく、一方的であることが多い。相手の感情やニーズにはまったく関心をよせない自分本位のかかわり方であり、他者からは奇異に見える。
・しばしば、アイコンタクトやスキンシップ(握手が不適切なほど強かったり長かったりする。スキンシップがあることがある。
・自分の思うとうりに相手が反応しないと、扱いにくくなったり攻撃的になる。
・知的には高いが、歪みがある。
http://homepage3.nifty.com/aries/dic-pdd.html より引用)

しかし、③に対するご返信の「昔はとても素直というか純粋で、人に対しても優しく思いやりがあり、とても温厚な、若者でした。サッカーなども大好きで、一つのことに打ち込む姿勢は、頼り甲斐のある青年という感じでした」という記載を拝読すると、発達障害はありえないことになります。発達障害は生まれつきの脳の障害であって、途中で発症する病気ではないからです。かつてコミュニケーションに問題無く過ごされていた方が成人後に発達障害になることはありません。
これは人格障害(パーソナリティ障害)についても同様で、かなり生まれつき決まっている部分が大きく、思春期以降その人格の偏りが目立ち始め、問題となる言動が現れます。成人後に人格障害になるということはやはりありません。

ではかといって特定の精神疾患が想定できるかというと、ご記載から読み取れる限りは、これもまた否定的です。

既に保健所の職員が訪問されて弟さんとお会いしていますが、これは以下に示されるプロセスに則ったものです。これは東京のPSW(精神科ソシアルワーカー)協会が作成したサイトですが、元になっている法律は全国共通ですので、プロセスも全国共通です。
http://www.tokyo-psw.com/seishin/34tebiki.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

弟さんの場合、ご家族からの「1 相  談」がなされ、地域精神保健担当者による「2 訪 問 相 談」が行われ、しかしそれ以上の保健所の関わり方を決める「3 関 係 者 会 議」には繋がらなかったか、関係者会議で保健所としてのそれ以上の関わりの必要なしと判断が下されたことになります。

地域精神保健担当者は医師ではありませんから診断は行えません。
「人格障害はあるけど、精神障害はない」という判断も、上述のように診断論的には間違っていますが、弟さんが、行政としての強制介入が必要な精神医学的問題は無いと見做される状態であったことは確かでしょう。

ここまでの経緯から推測できる可能性は以下の2つです。

1. 正常範囲の意味で弟さんの「人が変わってしまった」。これは、意外によくあることです。いわゆる「ひきこもり」の当事者がご家族に連れられて精神科を受診することがありますが、診察してみると、精神科的には診断がつかないことが多いのです。精神疾患によってひきこもるのではなく、ひきこもることによって精神症状を呈する場合が少なくないのです。
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/94/762/kougi.pdf

2. 弟さんは、典型的ではない統合失調症を発症している。
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/symptom/2_01_07symptom.html

これ以上の絞り込みは困難ですが、1.であればご両親が弟さんとの距離の置き方を考えなければなりませんし、2.であれば、精神科医療機関を受診させなければなりません。

鑑別のためには医療機関の受診が必要ですが、保健所は公的な強制受診手段である「移送制度」の適応ではないと判断したわけですから、ご家族が説得して受診させる以外に方法がないのが現実です。
しかし実際にはそれは非常に困難なことです。仮に何とか受診させることができ、精神疾患の診断がついたとしても、服薬・通院を弟さんが自主的に継続するすることは期待できず、元の木阿弥になってしまう可能性も否定できません。

ご家族内の相談の結果いかんでは、腹を括られて、民間の移送業者を利用するくらいしか方法はないかもしれません。お金はかかりますが、確実性は高い方法です。長期入院を引き受けてくれる病 院との強いパイプがある業者が少なくなりません (「精神障害 民間 移送」というキーワードで検索すれば、業者はたくさんみつかります)。
例:http://www.tokiwahoken.com/gyomu01.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14260
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    39
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    39
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • /img/opt/shirt.png Dr-K さんのアバター

    Dr-K

    総合診療医

    満足した利用者:

    55
    2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2794
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
 
 
 

神経科 についての関連する質問