JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14343
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

息子が月1回の薬物依存と先月知りました 現在36歳です 法律に触れない薬物だそうですが 目を覚ますためにも 罰

解決済みの質問:

息子が月1回の薬物依存と先月知りました
現在36歳です
法律に触れない薬物だそうですが 目を覚ますためにも
罰を受けさせようか悩んでいますが
治療で治せるものなのでしょうか?
弟から事実を確認したところ10年近くなるそうなのです
薬物を服用した後は 仕事も3.4かほど
休みます
入院などで 治療費はどのくらいかかるのでしょうか
個人差もあるのでしょうが
 最低何か月の入院が必要でしょうか

完璧に治せるのでしょうか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①「月1回の薬物依存」とはどういう意味でしょうか。月に1回だけ依存性薬物を使用するということですか?

②「法律に触れない薬物」ということですから非合法ではないわけで、それを所持・使用しても犯罪にはなりません。警察には逮捕されないということです。「罰を受けさせようか悩んでいます」とのことですが、この罰とはどういうものでしょうか。

③ご子息ご自身に、この薬物を止めたい、そのために治療を受けたという治療意欲はあるのでしょうか。

④ずいぶんとたくさんご質問があるように見えますが、どれも同じようなことを聞かれていて、つまりは、1) 治るのか? 2) 入院治療が必要だと思うがどれくらいの期間と費用が必要か? ということのように思われます。その理解でよろしいでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.


①  給料日の後日 家に帰えらず友達と飲みすぎて寝ていたとの


   言い訳を 信じていました 先月本当の事{薬物の使用?}を


   聞きました


   薬物は 注射ではなく吸うものだそうです


   ハーブの種類だそうなのですが それ以上のことは わかりません


 


②  今 息子にも 自分にも 腹が立って 


   この現実は 子育てに失敗した 私への罰でした 


 


 


   申し訳ありません 私情です


 


③  先月 もしまたやった場合 仕事も辞めて 病院に行く事を約束しまし


    た 本人もこのままでは駄目なことは分かっている現状を変えたいと 


    ・・・覚悟しました


 


④  はい  その通りです


   支離滅裂になって申し訳ありません


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

回答は、端的に申し上げれば、「治る可能性はあるが時間はかかります。入院は必ずしも必要はありません」ということになります。

即効性・特効性・確実性のある方策や治療法は、残念ながらないのです。
ご子息が使用している、いわゆる脱法ハーブ依存のご相談は実臨床でもこのサイトでもしばしばお受けしますが、他の依存と同様、ご本人が止める気にならなければ止められない「病気」です。

以下、脱法ハーブ依存に関しての一般論を述べます。

脱法ハーブ依存の治療のゴールは「ハーブを完全に止めること(脱ハーブ)」になります。
いくら合法のものとはいっても、「適量で済ませられるようになる」という治療ゴールは絶対に達成できません。

まずこのことを患者様ご本人に理解していただき、治療意欲を持っていただくことが治療のスタートになります。
しかし、依存症の場合、一般的には、周囲は困っていたり心配したりするものの、患者様ご自身はご自分が病気であることを認めたがらないため、治療に導入できないことが少なくありません。

結局のところ、患者様ご自身がお困りにならなければなかなか治療には繋がりません。
肝機能障害を起こして身体的につらくなる、仕事に支障が及ぶ、家族生活に支障が生じて離婚を迫られる、警察のお世話になる、といった切迫した状況になって初めて患者様は治療の必要性を感じ始めます。

患者様の治療意欲が無い段階では治療は長続きはしませんし、効果も現れません。
強制的に入院させても退院すればハーブの使用を再開しますから、入院治療を受けられるとしても、これはご本人がそれを望んだ場合ということになります。
その場合も、入院期間は長くても1〜2ヶ月、費用は保険3割負担で1ヶ月8万円程度です。

依存症の治療は、風邪をひいた時のように、一定期間病院に通えばよいとか、一定期間入院すればよいというものではありません。ハーブ使用(もしくはさらにエスカレートしての違法薬物使用)のリスクは生涯続きますから、依存症の治療もまた生涯続きます。

また、依存症の治療は、失敗を繰り返すものだとあらかじめご理解ください。
一回の入院で脱ハーブの意思を固め、その後は外来通院しながら生涯ハーブを用いずにいられる患者様は皆無です。
全ての患者様が、何度も再使用をし、外来通院を中断し、または再入院をして……といった過程を経て、ようやく脱ハーブに行く着くという経過をたどるといっても過言ではありません。

従いまして、ご家族が治療導入からその後の定期的通院に至るまで、一貫して患者様を説得し、必要ならば病院に連れて行くことを繰り返さなければなりません。
それが依存症の治療の現実です。

受診される先は一般の精神科・心療内科ではなく、薬物やアルコール依存症治療の専門施設である必要があります(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。 また、受診・通院されるだけではなく、患者会に入って活動することが、依存症治療の成功率を高めます。


依存症の専門的治療を行っている医療機関であれば独自の患者会を持っている場合が大半です。
家族会を兼ねた全国組織としてはDARC(ダルク)が有名です。最寄りの支部に連絡し、相談されてみるのも一法でしょう。
http://www.yakkaren.com/zenkoku.html

地域の精神保健福祉センターでも精神保健相談という形でご家族からの相談を受けていますし、通院範囲内に依存症の専門性が高い医療機関があれば、その情報も得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.


今晩 家族で話合いをしますが 注意点がありましたら


教えてください


私にできることは 口数を減らす 事くらいしか浮かびません


沈黙が苦手です


 


先生からの指摘を見て これから長い 不安が続くことを覚悟しました


 


これ以上悪い結果にならないためにも


母親へのアドバイスをお願いします

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
口数が多い母親の子供がみな薬物依存になるわけではありません。

36歳にもなるご子息の薬物依存に関して、母親である相談者様が責任を感じられる必要はありません。
「子育てに失敗した」ことがご子息の薬物依存の原因だとはお考えにならないで下さい。

ご家族の「注意点」はありません。
すべて36歳といういい歳をしたご子息ご自身の責任です。本来、相談者様が、このインターネット相談を含めた世話を焼く必要は無いのです。

ですから、ご子息ご本人に責任をとらせる姿勢を示すことが注意点だとは言えます。
依存症者は、えてして、依存の原因を周囲に求めがちです。そういう言い訳をさせずに、ご子息が自らご自身の甘さと向き合うように、敢えて突き放すこともある面では重要だと考えます。

相談者様を含めたご家族側にいくばくかでも責任があるといったような態度を見せることは、ご子息の治療に阻害的に働くことになるでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生 有難うございました 本当に


心が病んでいるのは 私だったのかもしれません


 


私に カウンセラーが必要だったのかもしれません


 


専門家の回答をクリックすると これで 終わってしまうのでしょうか?


 


今まで 誰にも言えないことが言えた 心の軽さが とても有難いので


 


これからも猫山先生を愚痴がはけ口になって頂けたら・・・と


 


手順を教えて下さい


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
今回のご質問に関しては私は既に過不足のない回答をしたつもりですので評価をしていただき、ご質問を終了していただければと思います。

以降、また新たなご相談がある場合は、新たな質問として投稿し、質問文の中で私を指名して下さい。
内容と質問料金が見合っていると思われた場合は回答いたします。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問