JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

最近、感情が昂ぶってくると収まるまでに時間がかかります。 今日は、午前中に起床してから嫉妬心のような気持ちが昂ぶり

解決済みの質問:

最近、感情が昂ぶってくると収まるまでに時間がかかります。
今日は、午前中に起床してから嫉妬心のような気持ちが昂ぶり、この時間まで収まりません。
今日は休日なのでまだ良いのですが、仕事がある平日にこのような状態になると平静を保つことに苦慮してしまいます。
感情を収めるテクニックなどがあればご教示いただけませんでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。前回回答させていただいた猫山です。

感情調節障害を独力でコントロールするのは難しいと思います。

前回の相談後、精神科・心療内科にはかかられていないのでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山さま、


ご回答ありがとうございます。昨日は診察に行くことができず、今日は近くに休日診察の病院がないためまだかかっていません。来週には心療内科へ行こうと考えています。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「感情調節障害」とは、もともとはパーソナリティ障害の中核症状として提唱された概念ですが、現在では多くの精神科疾患この症状がに伴うことが知られています。
http://www.positive-mh.org/professional/studygrp.html

この症状に対する特異的な治療としては、弁証法的行動療法という精神療法の有用性が知られていますが、まあ日本では限られた施設においてしか行われていないのが現状です。
http://www.medical-academy.jp/ws/tokyocbt17_yusa.html
http://kongoshuppan.co.jp/dm/df.php?cd=0986

いくつかの著作やWeb授業などがありますが、治療側の専門家向けのもので、まだ、患者様ご自身が独習できるような教材のようなものはありません。

感情調節障害の治療を受けようとするのであれば、長谷川メンタルヘルス研究所というカウンセリングセンターでカウンセリングを受けるのが最良の手段ということになります。
http://www.positive-mh.org/personal/counseling.html

相談者様の場合は、もともとパーソナリティ障害があるわけでではなく、恐らくは先行して発症した精神科疾患の症状として感情調節障害が現れている可能性が高いですから、そこまでの専門的治療を受ける必要はありません。原病が治療されれば感情調節障害も治まることが期待できます。

しかし原疾患の治療も、感情調節障害の治療も、医療機関の受診が必要であって、ご自身で行えるような「感情を収めるテクニック」は残念ながらございません。

可能な限り早い時期に、カウンセリングも行っている心療内科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問