JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 脳神経外科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 370
経験:  国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
70641304
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

食事をしないと、どうにか耐えられますが・・・。

解決済みの質問:

食事をしないと、どうにか耐えられますが・・・。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
私は、3 0年以上にわたって脳神経外科医師として臨床に携わってきました。患者さんの立場に立った医療を実践しております。

ご質問の内容を確認させて頂きたいのと、追加情報を頂きたいと存じます。

1.質問は、「甘いものを食べない様にするにはどうしたらよいか?」ですね。

2.あなたの、性別、身長、体重をお教え下さい。

3.健康診断などで、血糖値、HbA1c、総コレステロール値、中性脂肪値、HDL-C、LDL-C、血圧
 などが解りましたらお教え下さい。

4.上記のことと関連しますが、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症など
 なにかご病気にかかられていたり、そのために内服薬を飲まれておられますか?

5.今までに受けた手術がありましたら、お教え下さい。

6.アルコールは飲まれますか? その量は?  タバコは吸われますか? 1日何本、何年間?

以上、お願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.


1)そうです。


2)女性 155c 50kg


3)悪玉コレステロールーが少しだけ高い。


血圧110~155  65~90  その日によってめまぐるしく変化します。


病院の検査でも血圧異常なしと言われます。


4)何もなし


5)なし


6)一年に数回  梅酒少し   タバコは吸いません


 


ちなみに食事は、甘くするのは苦手です。甘いもの歴、物心ついた時から。


 


甘い物を家に置かないようにしても、近くにはスゥイーツのお店や


コンビニがたくさん。悲しいです!!


今も洋菓子を食べながらタイピングしています。2~3年前は45or47kg


砂糖中毒の怖さをネットで調べながら、お菓子を食べています。果物も代用にはなりません・・麻薬中毒です・・・嫌いになる薬があるなら・・・・

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
追加情報をありがとうございます。

あなたは、最初の質問の最後に、

『甘い物がないと一日も生きられません。 ・・・本当に止めたいのです・・・』

これは、何かおかしいですよね。 もし、本当に甘いものがないと1日も生きられないのだったら、『本当には止められません。。。』でしょ。それでも、本当に止めたいのだったら、死ぬしか無いでしょ。

あるいは、本当は甘いものが無くても生きられるのだから、できることなら本当に止めたいのです。。。よね。

どちらにしたいですか?

あなたは、この矛盾をきちんと、自分のマインドセットとして解決しない限り、どんな方法を

ここに書き綴っても 、『あなたは、絶対に甘いものを、止めない』です。

2回目のあなたの<返信>の最後に、私は聞きもしないのに、あなたは、「2~3年前は45or47kg」と

書かれておられますので、体重の増加が、ほんとうは気になっているのですね。

あなたは、52.9kgが標準体重ですから、まだすこし余裕はあります。



そして、

「3)悪玉コレステロールーが少しだけ高い。

血圧110~155  65~90  その日によってめまぐるしく変化します。

病院の検査でも血圧異常なしと言われます。」とありますので、

悪玉コレステロール、すなわちLDL-Cが少し高値で、

家庭血圧が155/90 mmHgのことがあるということは、

立派な高血圧です。めまぐるしく変わるとありますが、血圧の計り方はほんとうに

正しく計っておられますか? 正常な人でも、20や30mmHgの変動はあります。

現在40歳のあなたは、これから、どんどんと年を取られます。

そして、現在少しの異常値であっても、いまの悪習慣を続けられている限り

脳卒中や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患のリスクがどんどんと高くなって行くのです。


ここからは、少し、「甘いもの」からは離れたお話をいたし ますが、

おつきあい頂けますか?

このサイトで、私は、あなたと真剣に向き合って、お話をしたいと思ってます。

あなたの『マインドセット』を変えるためのお話だと思って下さい!



私は、脳神経外科医師を30年以上やってきました。

そして、たくさんの悲惨な人たちを診てきました。

私のホームページにも、それらの人のごく一部ではありますが、

メイルを送ってくれた人たちを掲載しております。
http://user.shikoku.ne.jp/tobrains/patient-diary/patient-diary.html


そして、”サイレントキラー”と言われる高血圧によっておこる”脳内出血”についてのページもご覧頂けます。
http://user.shikoku.ne.jp/tobrains/disease/hemorrhage0.html



なぜ、年齢とともに同じカロリー摂取でも体重が増えやすいのか。
それは、基礎代謝が年々低下してくるためです。

私もかつて7年前には、身長165cm、体重73kgの立派なメタボマンでした。しかも、血糖値も高 値でまさに
2型糖尿病でした。
しかし、現在は、体重59.8kgのスリムな体型をここ6年間維持しております。
そして、血糖値も正常で、くすりは何も内服しておりません。

病気、特に「脳卒中」を発症してしまうと人生はそこで終わります。
嘘ではありません。
私は、何百人とみてきましたから。


省エネ(太るからだ)ではなく、浪費体質の身体(太りにくいからだ)にするには、どうしたら良いかと申しますと、筋肉量を増やして基礎代謝量を上げるしか有りません。
それには、筋トレです。これによって、確実に基礎代謝を上げることができます。
私の基礎代謝は40歳代です。 


一般的に、メタボリック症候群の患者さんの指導をするにあたって、
医師はすぐに「食事療法」そして「運動療法」っとか言いますが、
具体的な指導がきちんとできる医師は非常に少ないのです。
患者さんは、言葉だけでちょこっと言われただけで、きちんと実行できたりはしません。
だから、予防的な治療はできないのですね。

さて、ほんとうは「筋トレ」についてももっ と具体的なお話をしなければならないのですが、
とてもこの場で回答することはできません。
ご自身で「筋トレ」について少し専門書を買って勉強してみてください。
基本的には、「筋トレ」は週に2回きちんとできればOKです。 
そのかわり、ある程度の覚悟でしんどい思いはして下さい。 
きちんとしたマインドセットで臨まないかぎり、人生をかえることはできません。
習慣を変えるのは困難ですが、習慣がいい方に変えられれば人生も良い方にかわります!
あなたの、砂糖中毒から脱するには、すこし習慣を変えてみることです。
マインドセットを変えるには、まず、イヤでもさきに”行動する”ことも重要です。
身体を動かしているうちに、マインドが動きます。
ほんとうですよ。


長々と書いてきましたが、頑張って下さい。
標準体重には、あと3kg増量しければ到達しませんが、あなどれませんから。
あっというまですよね。

最後に、基本的なダイエットは運動ではありません。
食事をきちんと減らせば体重はすぐに落ちるのです。
しかし、皆が失敗しているのは、リバウンドですね。
筋トレこそがリバウンドを防ぐ唯一の方法です。
楽して健康は手に入りません。
何事も同じですけどね。


今回は、ダイエットは必要では無いようですが、
あなたの究極の目的は、健康的な生活、将来にわたって健康でいる方法ですね。


では、頑張って下さい。

追加のご質問はいつでもお受け申し上げます。
nou-no-moribitoをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


これほどご丁寧な回答を頂けるとは思ってもいませんでした。


とにかく頑張って見ます。本当にありがとうございました。

神経科 についての関連する質問