JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

最近背中の背骨付近の真ん中がちくちく刺すように痛い・・締め付けられるように痛い・・湿布薬を貼っても痛みが取れない

質問者の質問

最近背中の背骨付近の真ん中がちくちく刺すように痛い・・締め付けられるように痛い・・湿布薬を貼っても痛みが取れない  その痛みが足首のあたりや首にもきたりします  痛みは短いときと長く続くときがある
繊維筋痛症と言われたこともあるーインフリー200gが処方され眼に異常がきて、かえって苦しみ治るのに2年以上かかった
神経内科からソラナックス0.4ミリグラム錠が出ていて半錠を調子の悪いときに飲んでいる
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.

 背骨の真ん中だけ痛いソラナックスが効いたりということなので神経学的には心因性の痛みを思いつきます。あまり安易に心因性と決め付けることはよくないのかもしれませんがもしそうならMASやSDS、MMPIなどの心理検査で不安や抑うつ、精神病傾向などを調べてみてもよいかもしれません。これは臨床心理士などが行ってくれて心理療法も各種やってくれます。
 次に考えられるのが脊椎炎や関節炎などの炎症性疾患です。これらは炎症マーカーやレントゲンの慎重な読影やMRIなどで診断できます。膠原病や強直性脊椎炎などでは抗核抗体やHLAタイピングなどで診断がつくこともあります。
 線維筋痛症については圧痛点が多少異なるようですがインフリーの次に試してみる薬としてガバペンやリリカ、パキシルCRなどがあります。
 見落としていけないものとして悪性腫瘍の脊椎転移などがあります。これはレントゲンの注意深い読影やMRIなどで診断できます。時には全身的な検索も必要かもしれません。
 非特異的な腰背部痛もよく見る疾患ですがMRIで椎間板ヘルニアを認めることもあれば異常を認めないこともあります。骨粗しょう症が関係していることもあり骨密度の測定などが役に立ったりすることもあります。フォルテオやエビスタなどの骨粗しょう症薬やホットパック、スーパーライザーなどの光線療法が効いたりすることがあります。
 心疾患の放散痛だったりすることもあるので循環器内科など受診してもよいかもしれません。下肢の痛みは下肢の循環不全から来ることもあるので血管外科などで循環を評価してもよいかもしれません。上肢下肢血圧比や脈波伝導速度などで動脈硬化の評価を行うこともよいかもしれません。動脈硬化などが関係していればDHAやヒアルロン酸、リバロなどが効くかもしれません。
 発疹のない帯状疱疹痛ということも考えられるので水痘帯状疱疹ウイルスの抗体価などを測ってみてもよいかもしれません。もしそうならゾビラックスやファモビルなどの抗ウイルス薬が効くかもしれません。

 アクアポリン陽性視神経脊髄炎や、多発性硬化症、頚椎症、腰椎脊椎管狭窄症なども考えられるのでMRIを精密にとってもらったり、アクアポリン抗体検査、脊髄液検査などでミエリンベーシックプロテイン、オリゴクローナルバンドなどを調べるなどしてもよいかもしれません。

神経科 についての関連する質問