JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 脳神経外科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 371
経験:  国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
70641304
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

手の震え

質問者の質問

手の震え
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
私は、30年以上にわたって脳神経外科医師として臨床に携わってきました。患者さんの立場に立った医療を 実践しております。

あなたの病名は、「本態性振戦」と拝察申し上げます。

残念ですが、今の医学では「本態性」=「原因不明」ということで、治療法が確立していません。
アロチノールが有効な症例もありますが、有効でない方もおられます。
その他の第一選択薬である、プロプラノロールやプリミドンも試されてみる価値はあると存じます。

以下に、本態性振戦に対する「標準的治療」が書かれてありますのでご参考にして下さい。

https://www.jsnt.gr.jp/guideline/img/hontai.pdf

もし、他の疾患の場合には、ご連絡下さい。
nou-no-moribitoをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとう。 字を書くときに手が大きく震えますが どんな 薬を服用しても治ることはないですか?

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
すでに、回答の中にお薬をお示しいたしました。

『プロプラノロールやプリミドンも試されてみる価値はあると存じます』

神経科 についての関連する質問