JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

6か月で、身長150㎝体重45キロを35.1キロまで落としました。 自分では34キロぐらいを維持したいと思っていて

質問者の質問

6か月で、身長150㎝体重45キロを35.1キロまで落としました。
自分では34キロぐらいを維持したいと思っていて、まだまだ足りないような気がします。炭水化物は一切やめて、糖質ダイエットを行っています。ただ、アルコールの摂取量は増え続け、以前はワインをグラス2杯だったのが、今はボトル のほとんどを一晩で飲んでしまいます。
躁うつ病でリーマスとユーパン、睡眠導入剤を服用していますが、主治医の判断でユーパンが一日3錠から1錠に減らされました。血液検査をして肝機能に影響がでているとも言われましたが、結果用紙をもらえないので、自分でもどうしていいのかわかりません。
内科に行くべきなのでしょうか。しかし、体重が増えるのは嫌なのですが。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.

 神経性食思不振症とアルコール依存症を合併しておられるようです。どちらも治りにくく致命的になることのある怖い病気です。臓器障害をきたしておられ肝臓内科や神経内科での検査や治療も必要かもしれませんが過度のアルコール摂取と摂食障害は精神科や心療内科などでの心理療法や薬物療法でないと根治的になりえません。自助グループに参加したり嫌酒薬を服用したりなどが有効かもしれません。摂食障害の治療にはボディイメージのひずみの治療など認知行動療法的な治療が必要になるかもしれません。

神経科 についての関連する質問