JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

夫がうつ病で、診療内科に行っています。 たまに思うようにいかない事があると、やる気がなくなったと言い、薬を飲んで寝

質問者の質問

夫がうつ病で、診療内科に行っています。
たまに思うようにいかない事があると、やる気がなくなったと言い、薬を飲んで寝てしまいます。
今日も、外食にいく事になっていて、すごく楽しみにしていましたが、息子が病 気になり、行けなくなってしまったことを、息子の自己管理が悪いと言い、怒って寝てしまいました。
息子は私の連れ子で夫の実子ではありません。
今は二人とも家で休んでいます。
私は、息子の具合を見てよさそうなら行こうと言いましたが、やる気がなくなったし・・・という感じです。

食事先も夫の大学のころの友達のお店ということで、他の友達にも行くということを話していた(ネットで)こともあり、「赤っ恥だ」と言っていました。
私も心の病気のせいだと判っていますが、こんな時どうしていいのかわからなくなります。
そっとしておいたほうがいいのでしょうか、アドバイスお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

 

うつ病だけが原因でご記載のような言動が現れることはありません。

 

少し補足情報を下さい。

 

①ご主人のもともとの性格について教えて下さい。

 

②ご主人のご年齢と職種を教えて下さい。お仕事には行かれているのでしょうか。

 

③ご主人がうつ病を発症されたのはいつですか?

 

④「心の病気のせいだと判っていますが」とお書きになっていますが、うつ病の発症前後で、ご主人の性格はすっかり変わってしまったように感じられますか?

 

⑤ご主人のうつ病はなかなか良くならずに長引いているのでしょうか。

 

⑥「こんな時どうしていいのかわからなくなります。そっとしておいたほうがいいのでしょうか、アドバイスお願いします」……このご質問には本来、ご主人を実際に診察している主治医しか回答できません。ご主人のもともとの性格と、現在の病状の両方を把握していなければならないからです。ご主人の主治医にはコンタクトはとれないのでしょうか。

 

以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

 

 

 

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 3 年 前.

もともとの性格はわかりません。


知り合った時にはうつでした。でも、親御さんに聞いたところ、まじめで手のかからない優しい子だったときいています。


ひとりっこなので少し甘えん坊でわがままな一面はあるとは思います。


 


年齢は42歳です。仕事には行っていません。


うつは32歳くらいからのようです。


うつ前の性格はあまり変わっていないそうですが、積極的だったようです。


 


うつ状態としては私が知り合った6年前に比べたらずいぶん良くなってきていると思います。


外にも出られるようになりましたし、家事なども楽しんでやってくれています。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

ご主人はいわゆる慢性うつ病と呼ばれる状態にあり、それ自体の症状として不機嫌や気分の波が強くなっていると考えられる一方で、社会生活のブランクが長くなってしまっているために常識的な対人関係を結ぶ能力が衰えてしまっていると考えられます(体力が衰えるのと同様、そうした能力も衰えます)。
医学的文献ではありませんが、ご主人は以下のような状態に近いのではないでしょうか。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0819/612196.htm?g=06

慢性うつ病の患者様に腫れ物に触るように接する必要はありません。
「心の病気のせいだと判って」いると先回りして理解してしまうのはご主人にとってもご家族にとっても良い結果をもたらしません。

ご主人の主治医と、今後の治療目標を明確化して、そのためにご家族が何をすべきか、すべきでないかを確認する必要があります。

一般論としては、「思うようにいかない事があると、やる気がなくなったと言い、薬を飲んで寝てしま」うようあ態度に関しては常識的な注意をされるべきでしょう。
「病気だから、家族相手だから、何をしてもよい/言ってもよい」というのは間違っていることをお分かりいただくべきです。

現在の相談者様の対応は、いわゆるイネイブラーのそれで、ご主人の回復を妨げている可能性もあります。

もともとうつ病だったご主人とご結婚されたので、相談者様ご自身、ご主人に対する「常識的な」対応とは何かがわからなくなってしまっているのかもしれませんが、それがいま、お二人にとって一番必要なあり方だと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

拙回答をご一読いただけますと幸いです。

神経科 についての関連する質問