JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

お忙しいところ、恐れ入ります。 もともと筋力が弱いのですが、5年前近位筋、特に左半身の筋力低下?で起き上がることが

質問者の質問

お忙しいところ、恐れ入ります。
もともと筋力が弱いのですが、5年前近位筋、特に左半身の筋力低下?で起き上がることが出来ず、神経内科に数日入院しましたが、その時検査 に異常はなく、ヒステリーと診断されメンタル的な診断に相当疑問を感じました。2週間で症状は改善しました。
その後も、体力を消耗したときや、ウイルスが入ったときなど、同じように左半身の筋力低下が数日から数週間にわたって頻繁にみられます。
最近とった血検も頭部・腹部のMRIも異常がないにもかかわらず、最近では左下肢が思うように動かず歩きづらくて杖をついている状態です。
診断がつかないと病気に向き合うこともできず症状が出るたびつらい思いをしています。
アスペルガーの可能性もあり、それに伴う右脳の障害かもしれないとも推測していますが、
社会生活を送る中で不便を感じており、なにか打開策がないものかと質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.

 軽度のウイルス性脳血管炎なども考えられるかもしれません。水痘帯状疱疹ウイルスやヘルペスウイルスなどではアシクロビルやファ モビルなどの抗ウイルス剤などが有効かもしれません。インフルエンザウイルスではタミフルなどが有効です。コロナウイルスやアデノウイルス、エコーウイルスなどのその他のウイルスの場合有効な抗ウイルス薬がありませんが葛根湯などの漢方を早めに飲むことでいくらかよいかもしれません。ステロイド剤なども場合によっては考えてもよいかもしれません。血清や髄液のウイルス抗体価を測ったり3テスラMRIやMRA、拡散強調画像などもよいかもしれません。
 脳血管攣縮が関係している場合場合によってはMRAや血管造影でとらえられることができるかもしれません。ミグシスやテラナスなどが効くかもしれません。
 軽症のTIAなどの場合画像ではとらえきれない場合もあるかもしれません。出血がないことを確かめてプレタールやバァッファリン、サアミオンなども効くかもしれません。

 いずれにしても発作が出る前に安静にしたり栄養のバランスを考えたり保温に心がけたり水分を適切にとったり血圧を頻回に測ってコントロールしたり、睡眠を十分取るなどの一般的な養生で症状が軽快することもあるかもしれません。

 近位筋だけやられたり下肢だけやられたり脳の障害で起こることもありますが限局性ミオパチーや多発性単神経麻痺などのこともあるので筋電図検査や神経伝導速度検査などもやってみたらよいかもしれません。

Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

多岐にわたるご回答ありがとうございました。


大変参考になりました。


 

専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.
プラス評価ありがとうございました。またご質問がありましたらどうぞ。

神経科 についての関連する質問