JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

・96歳の母親。 ・10時AM、3時PM及び就寝前に足の運動をさせております。 ・毎晩、ベッドに入ると足が痛いと

質問者の質問

・96歳の母親。
・10時AM、3時PM及び就寝前に足の運動をさせております。
・毎晩、ベッドに入ると足が痛いと脅迫性障害のように感情コントロールが
 出来ず死への不安感を(死んでしまうのではないかという恐怖)言います。
・毎月2回は内科医にかかっておりますが、診療内科に見てもらうのが良いので
 しょうか?。

宜しく御願い申し上げます。

渡辺
神奈川県逗子市
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.
 足の痛みについては血流障害性のものや有痛性ニューロパチーなどが考えられます。血 流障害性のものは血管外科などで下肢の血流を評価してもらってプレタールなどの薬を処方してもらったり血管外科的な治療を考えたりすることが考えられます。有痛性ニューロパチーについては神経内科で神経伝導速度の検査などをして異常があればガバペンなどの処方が考えられます。死への不安感については不安神経症や疼痛から来る抑うつ状態などが考えられるのでデパスなどの抗不安剤やパキシルCRやレメロンなどの抗うつ剤などの投与が考えられます。心療内科に受診すればより詳しい心理状態の評価や心理療法など受けられると思うのでよいことだと思います。
Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.
プラス評価ありがとうございました。またご質問がありましたらどうぞ。

神経科 についての関連する質問