JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 脳神経外科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 44
経験:  国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
70641304
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

職場にうつになった同僚がおり、ストレスを少なくできるようにと思っていたのですが、どのように対応するのが良いのかわから

質問者の質問

職場にうつになった同僚がおり、ストレスを少なくできるようにと思っていたのですが、どのように対応するのが良いのかわからない状況になっています。助言をお願いします。
 彼女は産休・育児休暇の後、職場に復帰しました。その間に同居していた姑が骨折から要介護状態になったことでうつ病を併発され、育児を手助けしてもらえるどころか介護までしなければならず、ストレスの多い生活でした。健常とまでは言えませんが姑は徐々に回復したので、職場に復帰しました。
 復帰後彼女は、参加していた職場内のグループで、意欲的に新しい企画を提案し他部門や職場以外とも調整しながら進めて行っていました。 外部からは気づかなかったのですが、グループメンバーと彼女はあまりよい関係が築けておらず、その 企画は歓迎されてていなかったようです。2ヶ月くらい経過した時、突然そのグループのメンバーや会合への参加が「こわい」と泣いて相談されました。企画の中止や心療内科の受診を提案しましたが、彼女から返事はありませんでした。ある日彼女が企画説明を求められていた会合をドタキャンしてしまい、グループ内の関係は悪化してしまいました。
 その後心療内科を受診し、「軽いうつと言われ薬を飲み始めた。話を聞いてもらい、少し楽になった。」と言い、上司と相談し「仕事は全面的に休むとそれも気になるため、育児短時間労働制度を利用し、ストレスを少し軽減できるようにする。」ことになりました。参加していたグループへは欠席させ、少し落ち着いた様子になりました。
 専門が違うため代わりはできないが私が裏方を手伝う事になりました。 しかしグループメンバーには不満が多く、彼女の提案した企画が実行される1ヶ月後までに何度か、彼女にも会合に出席してもらわないと困ると迫られています。 うつであることも説明し理解を得ようとしましたが、うつへの理解も乏しく、感情的にこじれているようで難しい状況です。 会合に参加して彼女が上手く説明できれば(謝罪すれば?)ある程度関係は良くなって行けるのかもしれません。 
 グループメンバーには上手く話せなくなるので、その部署に出向いて仕事をする際には、現在はサポートできるような者が同伴するようにしています。 そんな状況で、ストレスが掛かるのはわかっており、また上手く話せるとも思えないのに会合に参加したほうが良いのでしょうか? ただ、この職場で仕事を続けていこうとするなら、今後もグループメンバーと関わることは避けられません。
 長くなってすみません。アドバイスをお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科

神経科 についての関連する質問