JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

12歳男子、8月中旬に小脳出血にて救急搬送されました。出血は小脳全体、脳幹近くまで及ぶものであり、急性水頭症を発症し

解決済みの質問:

12歳男子、8月中旬に小脳出血にて救急搬送されました。出血は小脳全体、脳幹近くまで及ぶものであり、急性水頭症を発症したことにより、2日後に開頭血腫除去術・脳室ドレナージが施行されました。CT・アンギオ・手術でも血管異常は見当たらず、病理組織診断・血液検査等でも特に異常なしの診断でした。手術後のMRI・再度の血管造影にても原因はみつからず、原因不明のまま順調に回復し、自力歩行可能(多少のふらつきあり)軽度の構音障害の治療のため、今後は通院リハビリとなり、40日目に退院しました。
  覚醒してきた頃より、気持ち悪さ・嘔吐が続き、将来への不安等から軽いうつのような状態になっていましたが、退院前後より精神的にも落ち着いてきたように見受けられます。入院先の病院・主治医の先生ともにとても信頼できますが、10代の脳卒中患者の受入の例がなく、大人に準じて診てくださっている状態です。また、MRIにて今回の出血原因にはあたらない場所(頭頂のあたり?)に幾つか白い斑点が写っているものの先天的に静脈が太い?などの軽微な異常ではないか、とのお話をいただいています。
 今後順調にリハビリが進めば早期の中学への復帰も見えてきたかな、と思っておりますが、このまま再発のリスクは微少だとみて通常生活に戻すことに専念すべきか、
小児の専門医で再度診ていただいたほうがよいものか迷っています。
こちらのサイトにご相談していいものか迷いましたが、ご教示いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

原因が不明ですので、「再発のリスクは微少」かどうかは何とも判じかねます。
ご子息のご年齢で、血管の奇形も無く小脳出血を呈することはきわめて稀なケースだと言えます。

ご記載を拝読する限りは十分な原因検索は尽くされているように思われますが、小児特有の原因が見落とされている可能性を考慮されて、小児神経内科の専門医からセカンドオピニオンを受けた方がよいか、という趣旨のご質問だと理解してよろしいでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご返答ありがとうございます。


 


ご指摘いただいた通りです。また、精神的なケアの面での必要性も含めて、


ご教示ください。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

脳神経外科的な精査と、精神科的なケア(メンタルケア)を1つの科で行うことは難しいと思います。

現在のご子息はメンタルケアが必要な状態でしょうか? その「必要性」については、ご子息を実際に診察できないインターネット相談で私が判断することは困難です。

小児の脳神経学的なケアと、メンタルケアを別々の医療機関もしくは診療科で受けていただくことになっても問題はないでしょうか。

文字情報のやりとりによってしかやり取りができないインターネット相談ですので、全般的に、何をご質問になりたいのかを具体的にご記載いただけますと幸いです。ご質問事項を箇条書きにしていただけると、もっとも回答がしやすいです。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


質問内容がわかり辛く申し訳ございません。


 


1.小児の脳神経学的なケアの必要性


 


2.メンタルケアが必要な状態になった場合に、受診すべき診療科


(現在は、まだ必要ないかもしれません。時折考えこみ、落ち込んでいますが、親がフォロ-できる段階です。)


 


申し訳ありません、よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 1.小児の脳神経学的なケアの必要性
既に検査は尽くされているように思われますが、前述のように、12歳で小脳出血を呈することは稀ですから、小児特有の病態が関与している可能性は否定できません。小児神経の専門医(日本小児神経学会認定:http://jpn-spn.umin.jp/ipan.html)を受診されて、診察と検査を受けられることをお勧めいたします。その際には、今回手術を受けられた脳神経外科で紹介状と検査所見のコピーを作成してもらい、持参するようにして下さい。

以下のサイトから日本小児神経学会認定の小児神経科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

日本小児神経学会認定 小児神経科専門医
http://child-neuro-jp.org/visitor/sisetu2/senmon_simeilist/map_simei.html


> 2.メンタルケアが必要な状態になった場合に、受診すべき診療科
脳内出血という大きな、場合によっては生命に関わる病気を経験されたわけえすし、後遺症も残っているようですから、精神的にケアを要する状態になる可能性は確かに否定できません。
また、脳卒中(脳出血+脳梗塞)自体が、うつ病の危険因子であることが知られています。
ご子息に精神医学的な問題が生じた場合は、児童・思春期精神医学の専門施設を受診する必要があります。普通の精神科や心療内科の病院・クリニックではこの年齢のお子様の問題には対応できないからです。

以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問