JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

うつ病にて復職しました技術職のものです 復職後は昔の仕事をやろうとはりきっておりましたが、待っていたのは精神疾患に対

質問者の質問

うつ病にて復職しました技術職のものです 復職後は昔の仕事をやろうとはりきっておりましたが、待っていたのは精神疾患に対する差別と偏見でした 女性全員からは挨拶しても全員がしかと、また書類の置き方が悪い、ごみの捨て方が悪いなどくだらないことで毎日叱責されました 仕事もアンケート集計と言う単調なものだけですぐに終わってしまうので他に何かありますかと聞いても何もないと言われ、専門書を読んでいれば仕事をやる気がないと言われます 仕事はくれない毎日のようにいじめがつづき次第に病んでいきました また他部門の部長から癌になったから200万円払えと言われましたお断りしたところ死ぬまでエセ鬱やってなさいなそんな奴らに健保基金を使われると腹が立つよ やらなくてもいい無駄な治療、薬いったいいつまでくだらない芝居をやってんだ 早く会社辞めたら?全員が思っているよ 一日も早く辞めて自分の力で好きに治療してくれ 全社員を代表してお願いしますと言われました またある日激しい頭痛と耳鳴りに襲われ上司の許可を得てMRIを撮りましたが特に異状がなかった旨報告したところ社員の自覚がないと言われ、さらにその上の方から完治するまで出社するなと言われました 欠勤で休んでいたため人 事から調査が入り、母親に娘さんは何と言ってますかと聞かれ以前は技術的な仕事をしていたのにアンケート集計ばかりで嫌だと言ったところ、上司から娘さんはアンケート集計すらできないんですよと言われ私は大変ショックを受けました たまに技術的な仕事がありユーザ5000人のデータ更新をプログラミングして行っていたのですが一度もミスしたとのクレームはありませんでした 何故技術的なことはできるのに、アンケート集計ができないと言われるのかわかりません 結局そうてんし躁うつ病になってしまいました また弁護士に精神疾患者を差別するのは人権的に問題がないか尋ねたところ
精神を病んでいるんだから、差別されても当たり前だというのです だから人間は法の下では平等であるはずだと言ったら、平等だから何を言ってもいいんですよといいます
また、精神科以外の内科を受診しても、風邪とか明らかにわかる症状でない場合に、薬の副作用の心配もあり精神科にかかっていると言うと、ろくに問診も、触診もせず、精神的なものだと決めつけるのです その時は貧血・嘔吐の症状で行ったのですが、処方された薬が精神科で出されているすべての薬が処方されていて、つまりは精神科の薬を2倍飲めと言うことです たいびょうにでもなっていたら誰に見てもらえばいいのでしょうか
とにかく精神疾患と言うだけで、一般人、弁護士、医者までも偏見を持たれて生きていくのが辛いです
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.
それは大変でしたね。普通は主治医から復職可能の診断書が出て産業医が復職可能の意見書を出してリハビリ勤務のようなことから始めてうまくいくものだと思っていました。産業医をはじめて1年ぐらいになりますがこのようなことを聞いたのは初めてです。周りの人の対 応はパワハラに当たるのではないでしょうか。産業医にお願いしてうつ病やパワハラに関する講話をしてもらったらどうでしょう。周辺の人の誤解や偏見もとれるかもしれません。職場のメンタルヘルスは大事なことで職場全体の雰囲気や効率とも関係しています。職場でのレクリエーションや慰安旅行などはなされているでしょうか。こうした活動を地道に行うことを上司にお願いしてみてはどうでしょう。
Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

お忙しい中ご回答ありがとうございました。産業医面談は上司が同席のため事実を話すことができません また休職前にメンタルヘルス教育の教材を作れと言われ作成していましたが、原因・予防・対策など書くと、脳のドーパミンの異常だけ書けば言いと言われました これでは全社員にいくら教育しても
原因が分からなければ、予防や対策ができません また実際に自分がメンタルヘルス疾患者になった今、そのテキストに疾患者が復職した場合の周囲が考慮する点を書けばよかったと思っています


メンタル疾患者だらけの会社ですが、表面上対策はしていますが、知ると理解するとは全く異なるもので、先生の言った通り産業医に講演できないか交渉してみたいと思います ありがとうございました

専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.
プラス評価ありがとうございました。当事者の話はメンタルの理解を深める上で役に立つもので質問者様の存在は会社のためにもきっとなると思います。またご質問がありましたらどうぞ。

神経科 についての関連する質問