JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

61歳の女です。 14年コンスタンを毎日3~4錠飲んでいます。 2年年ほど前に半分に減らしぼちぼちやっていたので

解決済みの質問:

61歳の女です。
14年コンスタンを毎日3~4錠飲んでいます。
2年年ほど前に半分に減らしぼちぼちやっていたのですが1年半ぐらい前からまた調子がぐっと悪くなり今ではほとんど家から出られない(足がぐらぐらして歩けなくなります)医師は6錠まで飲んでもいいんだからと言いますが増やしたくないです。
他にも色々と表情がでて体も心も辛いです
治る見込みはあるんでしょうか
長期にわたるお薬の障害でしょうか
これからどうすればいいのでしょうか
よろしくお願いします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
「14年コンスタンを毎日3~4錠」服用され続けているのは、少なくとも国際的には常軌を逸したお薬の使い方です。

①もともと、どのような診断のもとにコンスタンを処方されているのですか?

②何科からコンスタンを処方されているのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

14年前に体が急に力が入らなくなりました


病院に運ばれると少し落ち着き帰りましたがふらふらがおさまらず色々病院を回りました。一般内科でコンスタンを処方されました。初めはしんどくてたまりませんでしたがそのうちなんとかしんどいけれど過ごせるようになりました


この薬は害は飲み続けても有りませんのでと言われました


5年ほど前にどうしょうもなく体がぐらつき歩けなく大病院に行きました。


精神科に回されそこれもコンスタンを処方され続け1年半まえにはやっと0,5錠を3回にまで減らせたのですが今又調子が悪くなり近くの精神科に行きました   気分が良くなるのなら6錠まで安心して飲んでもいいんだと言われました。どうしていいのかわからず辛い毎日です 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

コンスタン(成分名:アルプラゾラム)の日本における剤形は0.4mg錠と0.8mg錠ですので、相談者様が服用されている錠剤は0.4mg錠なのではないかと思います。
たしかに、コンスタンの最大承認用量は1日2.4mg=0.4mg錠で6錠ですが、その量を連用してよいという意味ではありません。

コンスタンを含む精神安定剤は、化学的にはベンゾジアゼピン系薬物に分類されます。
ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

「14年コンスタンを毎日3~4錠」服用されているのであれば、相談者様は間違いなくコンスタンの依存症を呈しています。

精神科での診断が記載されていませんが、「体が急に力が入ら」ない、「どうしょうもなく体がぐらつき歩けなく」なるといった症状があり、しかし「大病院」で、身体科ではなく精神科に回されたということから、相談者様の診断は転換性障害である可能性が高いのではないかと推察します。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Cosmos/2748/sirabe11.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

転換性障害はお薬では治りませんから、臨床心理士がいてカウンセリングが行える精神科医療機関に転院されて、カウンセリングを中心とした治療を受けられることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
コンスタンの使用は傷口に絆創膏を貼る程度の意味しか無く、相談者様の病気を治すための治療ではありません。

コンスタンの長期服用による副作用も懸念されますので、これ以上は量を増やされるべきではありません。むしろ減量して、中止を目指すべきです。それに関しても転院先の主治医とよく相談されて下さい。

転院先については地域の精神保健福祉センターで相談されることをお勧めいたします。

【全国の精神保健福祉センター一覧】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

先日はありがとうございました


コンスタン減量に成功すれば不調は治ると思われますか


てんかん性障害も精神科でいいんでしょうか


また治療法はどんなものがあるのでしょうか


 

神経科 についての関連する質問