JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

家庭内暴力で困っています。

質問者の質問

年齢:今年で27歳 職業:会社員(クビがかかっているがけっぷちです 病歴は以下の通り 幼少期:精神的・身体的虐待を受けて育つ 高校生:不眠症、身体的虐待で入院→児童養護施設入園 大学生:電車に乗車時や精神的ダメージを受けた時、パニック発作→救急搬送 社会人:新入社員の頃に、適応障害と診断され、後日、交通事故をきっかけに休職 現在 :休職と復職を繰り返して、動悸息切れ・胸部不快感・たちくらみ・吐き気などの症状があり、日々しんどい毎日を送っています、家庭内暴力を受け、現在避難生活中、病気も再発し、休職に至る。今後の予定は不明 弟からの暴行を受け、携帯も取り上げられ、引っ越し先住所も調べられ、ヤクザのようないやがらせを会社や住所の マンションにされてしまい、現在、友人宅に泊まったり、ビジネスホテル暮らしです。遠いところへ引っ越しをしようと思うのですが。区役所に尋ねると住民票を第三者非公開にしても、戸籍の附表で、バレテしまうとのことで、区役所の保健福祉課の人に住民票と実際の住所を異なるようにすれば、ストーキーングされるリスクは減るといいますが、住民票を移さないで行政サービスを受けれないではないかと心配です。また、転職等や健康保険、さまざまな不安の種がいっぱいです。現在のところ、大阪から遠いところに転居先が決まりましたが、いつ、ストーキングされるか、いやがらせをされるか、精神的・肉体的暴行で追いつめられないか、心身が穏やかではありません。家族とは縁を切って、離れたいのですが、具体的な解決方法もわかりません。頼れる人もおらず、八方ふさがりの状態で、相談しても、自衛をしろとのことしか言われなくて、どうすればいいのか、どうすれば平穏な暮らしをできるのか、教えていただければ幸いです。ちなみに、区役所には、あなたのケースでは保護する法律は存在しないと言われました。絶望感と不安・恐怖感で精神的疾患はひどくなる一方です。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.

 精神科入院なら保護される可能性があります。病気の療養上外からの面会や 電話を制限することが可能だからです。逆にストーキングなどの嫌がらせをしてくる方を医療保護入院にしてしまうことも考えられます。精神保健指定医に相談してみてください。弁護士や家庭裁判所に相談するとストーキングがやむかもしれません。いずれにしても今のままで療養が進まないでいると病気がさらに重症化するかもしれません。ここの法律相談にも問い合わせてみてはどうでしょう。ストーカー規制法という法律があって警察に連絡するとストーカー行為を禁止する命令を出してくれるようです。

専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.
御満足のいく回答にならなくて申し訳ありませんでした。なんかお役に立てそうなことがありましたら御質問なさってください。
Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございます。


いえ、こちらこそ、評価を下げてしまって申し訳ありません。


 


精神科の保護入院ということは、医療費がかかるわけですよね?


私は加害者からのいやがらせで会社を辞めざるを得ない状況にあり、住民票も移せるところがありません。なので、社会保険の健康保険や、国民健康保険に加入するのが難しく、また、入院するほどの金銭の貯蓄もありません。今まで、加害者に給料を取り上げられてたので・・・


そして、加害者なのですが、親族だということを理由に、また、医療スタッフの目を盗んで、過去に私が暴行されて入院していたときに加害者の親族がきたことがるので、形式上面会謝絶をとっていても、意味がないかもしれません。加害者の元家族は常識が通じない相手なので・・・


入院することになっても、身元保証人などをお願いできる人がおらず、ご提案していただいた。精神科入院の保護は様々な観点から私にとっては難しく、また、精神科の主治医は自分でなんとかしろというドクター ハラスメントをする人なので、また、主治医の通っている診療所も加害者が把握しており、いつ張り付かれるか、診療所に通院するだけでも、パニック発作と過呼吸になってしまいます。主治医も変更したいところですが、産業医の命令から、産業医の紹介した主治医を変更しないようにといわれており、転院することもままなりません。また、上記に述べたとおり、金銭的余裕が無く、保険が無いまま、自立支援医療も申請できない状態で、新しい精神科での受診も難しいところです。


加害者の行動範囲にいるところに行くと、交通機関でパニック発作が起きてしまったり、加害者の連絡があるたびに、胸が苦しくなったり、吐き気、頭痛、など身体的にも、精神的にも、今、ボロボロの状態です。


下痢もひどく、このままの状態ではアルバイトもできないし、困ってます。


ストーカー規制法は詳細は存じておりませんが、加害者が親族であっても適用できるのでしょうか?どちらにせよ、住民票を移動させて、新しい土地で住もうと思っても、親族が住民票や戸籍の附表からたどり着く恐れがあります。


ですが、なにはともあれ、警察や精神保健指定医などにだめもとで相談してみようと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございます。


いえ、こちらこそ、評価を下げてしまって申し訳ありません。


 


精神科の保護入院ということは、医療費がかかるわけですよね?


私は加害者からのいやがらせで会社を辞めざるを得ない状況にあり、住民票も移せるところがありません。なので、社会保険の健康保険や、国民健康保険に加入するのが難しく、また、入院するほどの金銭の貯蓄もありません。今まで、加害者に給料を取り上げられてたので・・・


そして、加害者なのですが、親族だということを理由に、また、医療スタッフの目を盗んで、過去に私が暴行されて入院していたときに加害者の親族がきたことがるので、形式上面会謝絶をとっていても、意味がないかもしれません。加害者の元家族は常識が通じない相手なので・・・


入院することになっても、身元保証人な どをお願いできる人がおらず、ご提案していただいた。精神科入院の保護は様々な観点から私にとっては難しく、また、精神科の主治医は自分でなんとかしろというドクターハラスメントをする人なので、また、主治医の通っている診療所も加害者が把握しており、いつ張り付かれるか、診療所に通院するだけでも、パニック発作と過呼吸になってしまいます。主治医も変更したいところですが、産業医の命令から、産業医の紹介した主治医を変更しないようにといわれており、転院することもままなりません。また、上記に述べたとおり、金銭的余裕が無く、保険が無いまま、自立支援医療も申請できない状態で、新しい精神科での受診も難しいところです。


加害者の行動範囲にいるところに行くと、交通機関でパニック発作が起きてしまったり、加害者の連絡があるたびに、胸が苦しくなったり、吐き気、頭痛、など身体的にも、精神的にも、今、ボロボロの状態です。


下痢もひどく、このままの状態ではアルバイトもできないし、困ってます。


ストーカー規制法は詳細は存じておりませんが、加害者が親族であっても適用できるのでしょうか?どちらにせよ、住民票を移動させて、新しい土地で住もうと思っても、親族が住民票や戸籍の附表からたどり着く恐れがあります。


ですが、なにはともあれ、警察や精神保健指定医などにだめもとで相談してみようと思います。

専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.

 プラス評価ありがとうございました。ストーカー規制法では、恋愛感情など好意の感情が満たされないときに行われる行為に適用されるのでひょっとすると適用 がないかもしれません。しかし軽犯罪法では付きまといなどを禁止しているので警察に相談するのも一定の効力があるかもしれません。警察でだめな場合ストーカー心理に基づいた対策が必要になるかもしれません。民間でストーカー対策をやっている団体があってそこもそういう対策をとっているらしいです。犯罪被害者のPTSDやストックホルム症候群の治療で用いられるもので治療者立会いの下加害者と被害者を面会させいろいろ話し合いの中で解決していくというものです。

  精神科の診療の中でも原因となっている家族を交えた精神療法がおこなわれています。

  お金があればオートロック式の賃貸マンションに住んだりするのもだいぶ効果があるかもしれません。

  いよいよお金がない場合生活保護での入院も考えられるのでそんなに悲観しないでください。病気がよくなれば転職なども可能になるので今の主治医や会社にそんなにこだわらなくてもよいかもしれません。そのときは役所の福祉課やソシアルワーカー、弁護士などに相談するとよいかもし れません。おおむね手持ち金が5万円以下になり労働能力がないと認められた場合生活保護がおりるようです。身元保証人は要りませんしうちの病院などでは治療に妨げになると判断された人の面会は絶対認めません。親族による扶養関係が問題になるかもしれませんがそちらの方はソシアルワーカーと家庭裁判所で調整してくれます。

神経科 についての関連する質問