JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

35歳で独身、実家暮らしの兄がおります。小学校6年生の頃から家庭内暴力がはじまり、今現在は、暴力は振るわないものの暴

質問者の質問

35歳で独身、実家暮らしの兄がおります。小学校6年生の頃から家庭内暴力がはじまり、今現在は、暴力は振るわないものの暴言・脅迫的なメールを私もしくは母に対し、兄本人が勤務中と思われる時間帯に突然送ってきます。直近の内容では、「次にいやがらせをしたら、放火して皆殺しだ」と法事の際に食事の支払いをしようとした兄に対し母が「あんたがでしゃばらなくていい」と言ったことに対しての怒りを長 々とつづったメールがありました。
私には、両親の将来は自分は見ないからお前がみろ。と夜中にメールしてきてその後長々と誹謗中傷の文章を続けてきたりという事が数ヶ月毎にあり、わたしはアドレス変更して兄にはアドレスを分からなくさせました。
 兄は中学受験をし、都内の私立中高一貫に通っておりました。小学4年生から受験勉強を始めると、今まで仲良くしていた友人から仲間はずれにされてしまいました。母は、それに対し兄に問題があるような責め方をしていました。具体的には「幼稚園の頃から怖い子になるって先生が言っていた」と事ある度に言っていました。中高時代の友人とは交流が続いている様ですが、大学が希望通りに行かず中退してから今まで非常に片付いていた部屋が足の踏み場も無い状態です。
 反面、甥っ子にあたる私の息子5歳、1歳・認知症の祖母・障害を持った友人などに対しては普通以上にやさしい面があります。
ただし、私に対しては すぐに親に子供を預けて遊んでいる自分勝手なやつだ。来年は仕事を辞めてAO入試を受ける勉強をするから(私の息子)を来させるな。
といってきます。
私は、仕事の都合で両親に息子を預けますが、決して遊んでおりませんし、兄もそれはわかっていると思います。
愛情に飢えているような発言も多いです。自殺願望もちらつかせます。
どうすれば、救えるのか相談先がわかりません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.
 メールの内容が内容だけにそのままほうっておく と危険だと思います。役所のDV相談係か心を鬼にして警察の生活保安課などに相談したほうがよいかもしれません。精神病院への通院や入院はお勧めですが実際にはかなり困難を伴うと思います。実際に興奮状態や錯乱状態にないと精神保健福祉法による医療保護入院や警察による移送など行われにくいと思います。病名的には妄想性障害や統合失調症、反社会性人格障害などが考えられます。病院によってはそういう患者を積極的に受け入れているところもあると思うのでいろいろな精神保健指定医に相談してみるとよいかもしれません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答有難うございます。


今、現在同居している父母はどのような態度で兄と接するべきでしょうか。


父は相手にしないで無視を決め込み、母は刺激する言葉を掛けてしまいます。

専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.

 警察やDV相談課、精神保健指定医、家庭裁判所、保健所などに相談しても入院や法的な処置が不可能と言われれは゛家庭で何とかみなければならないかもしれません。その時はまわりで精神療法的な対処が必要と思われます。本人の言動に対し て受容的に接することや言うことを傾聴することなどです。もちろん過度に脅迫的な言動が出現すれば危険な兆候ですので上記の相談先に繰り返し通報してください。中学高校で挫折しているのが原因かもしれないのでAO入試の件など実現すればいくらかおさまるかもしれません。大学の偏差値にかかわらず障害を持った学生に対して 支持的に接してくれてよい教育をしてくれるところがあるのでそういうところを探してみてもよいかもしれません。精神科でリスべりドンリキッドなどの隠し飲ませなどの相談に乗ってくれるところがあればそれも考えてもよいかもしれません。こうした病気は年齢を重ねて40代50代になると軽症化してくることもあるのでそれまで気長に相手をすることも必要かもしれません。

Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.
 プラス評価ありがとうございました。またご質問がありましたらどうぞ。

神経科 についての関連する質問