JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

急ぎで困っています! 母が家のストレスで35年以上精神薬を飲んでいます。 母とは10年間別居のため、最近いろ

質問者の質問

急ぎで困っています!
母が家のストレスで35年以上精神薬を飲んでいます。

母とは10年間別居のため、最近いろんな症状が出て、知らない間に薬が増えていたことに不安を感じています。

以前通った心療内科のおかげで症状がよくなったため、10年ほど前から近所に新しくできたクリニックへ変わりました。以前の心療内科の処方がよかったため、はじめはそちらの処方そのままで投薬してもらっていました。

過去2年(わかる範囲)投薬されていた薬は、ソラナックス、セレネース、ランドセン、半夏厚朴蕩です。

最近、ストレスが増したことで、7月26日よりセルシン錠が増えたようなのですが、
一昨日の夜、震えた声で母から電話があり、全身の震えがとまらないとの電話があり、急いで救急病院へ連れて行きましたが、専門医(内科、精神科)が不在のため、震えが止まっていることからそのまま帰宅となりました。震えは30分ほど続いたそうです。

翌日、かかりつけのクリニックへ行ったところ、カウンセングもなしで、的確な答えがなかったそうです。
心配なため、自宅に泊まっていたところ 、
その翌日の午前中はずっと寝たまま、薬を飲むために昼食をとり、服用してしばらく、震え、寒気、言葉がしゃべれない、こちらからの質問の答えもとんちんかん、ふらつき、顔面蒼白で普段の母の表情はなく、まるで精神の患者さんのような表情になり、あわてて昔お世話になっていた心療内科の方へ受診へ行きました。
そちらの先生がおっしゃるのは、ソラナックスとセルシンを一緒に取るのは過剰のため、午後からの症状は薬の過剰とのことでした。ただ、全身の震えはストレスからきているもという判断でした。
そよ夜からセルシン錠の服用を中止しました。
今日は仕事だったため、先ほど母親に電話したところ、ろれつがまわってない様子、こちらの言葉が理解できかねる、ふらふらするという症状がまだあるようです。
この場合、まだ飲みすぎの状態なのでしょうか?
また、どうすれば改善されますか?

また、もともとの母の症状はのどのつまり、胸の息苦しさなどでした。娘から見る普段の母は精神状態がおかしいというわけではないのですが、統合失調症、うつ病の薬であるセレネースは必要でしょうか。

また、高血圧のため、普段ディオバンを内科で処方してもらっていますが、ストレスのあるときに血圧が上がるという症状で、普段は高血圧ではありません。
心療内科(近所のクリニック)の方でも、以前、胸が苦しいという症状がでた際にH24.9よりインデラル錠を処方され、その症状がなくなった以降も飲み続けています。
高血圧ではない状態でのディオバン、インデラル錠の服用は過剰ではないでしょうか?
また、その場合、インデラル錠は急に止めても大丈夫なお薬でしょうか?

また、母は乳がんを患ったため、ホルモン治療でノルバデックスを服用中ですが、そちらとの関係もあるというのを聞いたのですが、そのようなこともあるのでしょうか?

大変長い質問になり、申し訳ないですが、今頼れる方が誰もいません。
どうかお返事よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.
 ノルバデックスは血栓症を起こすことがありそれによる一過性脳虚血発作の可能性もあります。頭 部のCTやMRIで病変の有無を確認したほうがよいでしょう。プレタールのような抗血小板薬などで脳梗塞を予防する必要があるかもしれません。インデラルは狭心症に対して出されたものとすればやたらやめると発作を起こす可能性もあります。セレネースについてはストレスに対してはマイナートランキライザーより有効だと考えられるので一概に悪いとは言えませんがストレスになっていることをのぞくことができれば減薬できるかもしれません。振戦のような錐体外路症状や遅発性ジスキネジアを起こすことがありますが個人差があります。錐体外路症状にはアーテンのような抗コリン剤が効きます。血圧は低いほどよいという説もありまた下げすぎると死亡率が上がるという説か゛あり議論が分かれています。抗血小板薬療法をするなら発作的にでも血圧があがることは脳出血の原因になるので避けたほうがよいかもしれません。いずれにしても神経内科、循環器内科などへの受診、十分な精神療法、ストレスの原因が法律的なものなら弁護士への相談などが必要になると思います。

神経科 についての関連する質問