JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Kazuに今すぐ質問する
Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

自分の病気が何か判りません。症状①ほぼ毎日何もしたくない ②不眠 ③訳もなく涙が出る ④イライラが止まらない(今

解決済みの質問:

自分の病気が何か判りません。
症状①ほぼ毎日何もしたくない ②不眠 ③訳もなく涙が出る ④イライラが止まらない(今は少し落ち着いてます) ⑤外に出たくない、人に会いたくない

現在精神科で双極性障害Ⅱの疑いありという事で治療を受けていますが、他の精神科医の先生方の第二オピニオンをお聞きしたく質問しました。

3年前までニュージーランド(以下NZ)で住んでおり、癌になり(治療済み)、地震のPTSDになり、父が倒れ、他にも次々に辛いことが同時期に起こり精神不安定になり現地の病院で鬱と診断されました。
その後、一旦うつ状態は落ち着いたかと思われたのですが、またすぐに症状が悪化し、帰国しました。何科にかかって良いのかもわからず、取りあえずNZで頂いた紹介状を持って心療内科に通い始めました。ジェイゾロフと睡眠薬を処方して頂き、やる気こそ出ないものの、安定した日々を送っていました。ですが、なかなか完治しないので、当時の主治医の先生にいくつか質問され答えると双極性障害の可能性もあると言われました。それでも薬の処方は変わりませんでした。症状は安定していて仕事も午前中ですが始める事が出来るまで回復していました。当時の病院は午前中しか診療をしていなかったので、午後も診療している病院にという事で紹介状を書いて頂き転院することに決めました。 体調が良かったので最後に処方して頂いたジェイゾロフとが無くなった後、直ぐに新しい病院に行かず約2週間睡眠薬だけ飲んでいました。それが悪かったのでしょうか、突然調子が悪くなり、イライラが止まらず、人に当り散らし、挙句の果てには包丁を振り回すほどになってしまい、慌てて現在の精神化に飛び込みました。何回か薬を変え、今はリーマス1日3回各1錠+メデポリン錠0.4mg×2錠、頓服としてジアゼパム、睡眠薬はハルシオン0.5mg1錠+フルニと7ラゼパム2mg1錠、それでも眠れない時にの頓服にゾルピデムを処方して頂いてます。6月から今の病院に通い始め、包丁を振り回すほどのイライラと、何も出来なかったり、ただ泣くだけの状態が約2週間おきの短いペースでの変化が約1ヵ月半続き、その後はやる気の出ない、涙が止まらないうつ状態が続いています。

双極性障害Ⅱ以外にも何らかのパーソナリティー障害も併発しているのではないかとも自分で疑っています。
理由①幼少の頃親の愛を感じられなかった(愛されていたとは思います) ②8歳ぐらいの頃身内から性的虐待を受ける ③学生の頃いじめられ続ける ④16歳の時レイプされる ⑤離婚 ⑥癌 ⑦軽いが虚言癖がある ⑧多分セックス依存症 ⑨誰か(特に男性)に依存してしまう

長々と書きましたが、わかって頂けたでしょうか?
自分が一体何の病気で、その病気とどう向き合って、どう治療していくべくなのか回答宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 4 年 前.
 難治性の双極性障害の鬱相などが考えられます。統合失調症も合併しているかもしれないので鬱にも効果のあるアビリファイや新薬のサインバルタなどよいかもしれません。治療抵抗性の場合電気ショック療法なども考慮に入れてもよいかもしれません。人格障害も合併しているかも知れないということですがこれはかなり治療が難しいです。バルプロ酸その他の薬を多剤併用してやっと小康状態になるといったところでしょうか。PTSDも合併していて大変でしょうが悪いときは入院して環境を整えることも大事です。
Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問