JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Kazuに今すぐ質問する

Kazu
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験:  1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
75090404
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Kazuがオンラインで質問受付中

セカンドオピニオンをお願いいたします。 私はとても強迫観念が強く、何かをキチンとこなせなかったり、他人に見られる事に怯え、自身がとても愚か者の様で、時折2週間引き蘢ってしまい

質問者の質問

セカンドオピニオンをお願いいたします。

私はとても強迫観念が強く、何かをキチンとこなせなかったり、他人に見られる事に怯え、自身がとても愚か者の様で、時折2週間引き蘢ってしまいます。

しかしながら反面とても強い怒り を持った人格があり、この人格は自身だけが正しく、他人を認めません。ネガティブな感情がわいた時に出て来きます。

幼少期から自分は生きててはイケナイと強く思っていました。

が30代で結婚をし其処から自身を愛する事を学び自殺願望はなくなりました。

しかしながらこの強い怒りの人格は自身を破滅させようとするので同じ事なのでしょうか?
いったいこのような人格に対してどのように対処したら良いのか?

私が私で在り続け、これ以上夫に迷惑をかけずに いられるよう...夫は私にどの様に接すれば良いのか?


私にはよく人に完璧主義者といわれます。
自己流のこだわりが強く、ルールがあり、それを乱される事を大変嫌います。

乱れたとたんにやる気がなくなったり、イライラしてしまい思いもよらない暴言をはいたり破壊的な衝動に成ったりします。

他人の意見をなかなか受け入れられず、他人に任せる事が出来ないので常に自分でしないと気が済まないので非常に疲れます。

何故自分と同じ様に出来ないのか?信じられませんでしたし。

しかしながら、これではイケナイと苦しくない程度に夫に任せてみたり、気になる事をそのままにしてみたりしています。

只、何時も何かしているのでナカナカやすめません。

そして何時 も不安があります。

例えば着替えるのに強迫的な思考から非常に時間がかかり、其の為に夫をまたせてしまい、非常に申し訳のない思いでいっぱいで、私のせいで彼の時間を奪った罪悪感、そしてきっといつか見放されてしまうであろうと云う不安...それを幾度となく繰り返す自分に嫌気がさして鬱状態に成ったり、とてもネガティブに成ってしまいます。

潔癖な所が強かったので、半別居をしてどうにかコントロール出来る様にとしてきましたが、先日夫が久しぶりに来て何度か口論になりなしたが、 頑張って乗り越えようと成った矢先にまたルールが乱された事で口論となり、夫に結局私は自己中心的な人間だ。

本当に病気だと思っているのか!と云われて出て行ってしまいました。

私は他人の目を気にしてそれを避ける様に逃げ、ところが非常に寂しがりやのところがあり、本当の私を理解してくれる人を求めます。

今までは夫以外にはこの状態を話せずにいました。

もしも私で有る事が分かってしまうと家族に迷惑がかかってしまうし、私自身もそうですし、夫のにも迷惑がかかると自力で自身と向かい合ってきましたが、今これ以上自力で向き合う自身も無く、時間をかける気力も無く成ってしまいました。

そしてどうにか夫に私をちゃんと理解して欲しく、私も彼を理解したく、勿論自分も楽に暮らせる様になりたいのです。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.

 社会不安障害や強迫性障害、統合失調症などやそれらの合併などが考えられます。SSRIなどの抗鬱剤、アビリファイなどの抗精神病薬などが効くかも しれません。認知行動療法や社会技能訓練などが効くかもしれません。カウンセリングなども有効かもしれません。何か趣味を持ったりレクリエーションをする機会を増やしてみたりしてみるのもよいかもしれません。ご主人との関係のことは心理教育や家族療法が有効かもしれません。また何でも言葉に出してよく話し合ったりすることがよいかもしれません。ご主人と一緒に精神科に行ってみてはどうでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

先生ありがとうございました。

 

私は製作する事が好きなので、其の事に没頭していれば良いのですが、同時に完成させるまで止める事が出来ません。おかげでとても疲れてしまいます。

 

私も出来れば夫と家族療法etc...行ないたいのですが、

 

出て行った夫は熱を出したと云うメールを一度くれたものの、私のメールには一切返信が来ません。

前に一度同じ事が在った時もそうで、その時はそのまま同じく数週間連絡なしで、連絡が取れた後に話し合いで、私のせいですから荷物をマトメ、他の地で一人暮を初めました。

 

環境が変わった事、良く成ると決断した事で少しづつですが改善された様に思いましたが、いざ他人と接触するとなると強迫観念はそのままで、そして夫に逢えば良い時は良いのですが、其の事で口論に成る事も暫しありました。

 

彼の心労は分かっているものの、コントロールの出来ない自分、

受け入れて支えて欲しい人間に拒まれる事、悪循環です。

 

それでも自力でどうにかしようと思っていますが、

今は極度の緊張状態が続いていて非常に辛いです。

 

今回は限界を感じたので先生方に相談しました。

お友達にも今回初めて告白をしました。

おかげでお友達が月曜日カウンセリングに連れってくれる事が決まりましたが、

 

夫の事が気になります。

そして強迫観念がましてしまいます。

彼の心理状態とはどうなのでしょうか?

何故私の病気を受け入れてくれないのでしょうか?

 

宜しくお願いします。

 

 

 

 

専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.

自分の中に別の人格があって怒りの感情を起こしたりとは二重自我(ドッペルイッヒ)と言います。統合失調症の自我障害などでみら れるものです。別人格が悪い時リスパタールやジプレキサザイディスの屯用などがかなり有効です。暴言や自己破壊行為が見られるとき普通の人にはなかなか理解できないものです。こうした精神病理や精神薬理は時間をかけてゆっくり学習していかないとなかなか理解に結びつかないものです。当事者会に一緒に参加したりして疾患の理解に努めるようにしないといけません。精神科を受診して処 方を受けたり患者会に参加したりしてみると良いかもしれません。薬が効いたりするところを見てもらったりすると御主人の協力が得られるようになるかもしれません。強迫観念については認知行動療法の暴露反応妨害法などが有効です。強迫行動が起こりそうになったところを思い出してそれを止めて我慢する訓練をするものです。障害や問題行動を自分で何とかすることをコーピングといいます。障害を抱えていても家族などの協力を得て立派に暮らしている方も多いのでぜひがんばってみてください。

質問者: 返答済み 3 年 前.

先生ありがとうございました。


 


もう少し詳しくお願い致します。


 


昨日カウンセリングに行ってまいりました。


前進した気持ちです。


 


この時お友達はコノ様な私の状態を理解しようと接してくれ、


受け入れてくれました。


 


治療に専念するようにと、独りじゃないから安心する様にと、


あたたかく見守ってくれました。


 


夫との立場の違いは分かりますが、


いったい彼の心理状態とはどの様なものなのでしょうか?


 


気になって仕方ないのです。


コノ様な事を理解しがたいのは承知しておりますが、


受け入れられない背景としてどの様な心理状態であるのでしょうか?
防衛本能が働いて私を拒絶しているのですか?


ですから熱をだしてしまうのですか?


 


どうしても其の事を私も理解したいので、よろしくお願いします。


 

専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.
本当は質問者様のことを愛したいと思っていると思います。そうでなければわざわざ会いに来てくれたりしないはずです。ただ質問者様の症状とそれに対する理解不足が邪魔をしているのだと思います。症状が軽くなり理解が進めばうまくいくようになると思います。私の病院の患者様のご家族なども熱心に面会に来たりする方が多いです。いろいろいやなことでも病気がそうさせていると思うようになれば愛する人を見放したりはしないはずです。カウンセリングうまくいってよかったですね。病気を克服するようにがんばってください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生


本当にありがとうございました。


気が楽になりました。


治療に専念するように頑張りたいと思います。

専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.
お役に立てて幸いです。次の質問が来るのでこれでオプトアウトさせていただきます。
Kazu, 神経内科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 58
経験: 1986年九州大学医学部卒業1986年久留米大学第一内科入局1993年博士(医学、久留米大学)2006年八幡大蔵病院勤務
Kazuをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Kazu 返答済み 3 年 前.
プラス評価ありがとうございました。治療がある程度進んで疑問に感じることがあったらまたどうぞ質問なさってください。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2793
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
 
 
 

神経科 についての関連する質問