JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

閉所恐怖症があります。過去に頭部MRI撮影でで過呼吸になったのですが、今回足首に腫瘍があるようでMRIを勧められまし

解決済みの質問:

閉所恐怖症があります。過去に頭部MRI撮影でで過呼吸になったのですが、今回足首に腫瘍があるようでMRIを勧められました。足から入る形での撮影になるのでしょうか?MRIと聞くと怖くて検査を受けなくなくなります。どのような心構えが必要でしょうか?お教えいただければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

足のMRI撮影でも頭から入ることになります。

少し補足情報を下さい。

①既に「当日のことが心配で困って」おられるとのことですが、「心構え」で何とかなりそうだと、ご自身で思われますか?

②閉所恐怖症について、精神科・臨床内科で治療を受けられているのでしょうか? 「安定剤や睡眠薬」は何科からの処方ですか?

③「過去に頭部MRI撮影で過呼吸になった」際には、どのような準備をして望まれましたか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

お忙しいところ返信頂いてありがとうございます。


 


 


①既に「当日のことが心配で困って」おられるとのことですが、「心構え」で何とかなりそうだと、ご自身で思われますか?


 


何とかしたい一心では御座います。

②閉所恐怖症について、精神科・臨床内科で治療を受けられているのでしょうか? 「安定剤や睡眠薬」は何科からの処方ですか?


 


閉所恐怖症は前回のMRIで発覚いたしました。


元々バスや新幹線が苦手、帽子なども苦手でした。


お薬は心療内科で頂いております。


鬱があったので未だに月1回受診しております。

③「過去に頭部MRI撮影で過呼吸になった」際には、どのような準備をして望まれましたか?


 


全く備えなしでした。まさか閉所恐怖症とも思っていなかったのです。


 


不安で胸がいっぱいで、不安から過呼吸も出るのではと心配もしております。


 


回答は急ぎませんのでお時間御座います時にご返信頂ければ幸いです。


 



専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

さらに追加でお願いします。

④繰り返しの質問になりますが、心療内科にはうつ病の治療で通われているのであって、閉所恐怖症の治療は行われていないということでしょうか。

⑤MRI検査を受けること、それに対して不安が強いこと、かつてMRI検査中に過呼吸を起こしたことは心療内科主治医には伝えられていますか? 何か助言や援助を得られないのでしょうか。

⑥すでに今回MRI検査を受ける日程は決まっているのでしょうか。MRI検査を進めてきた医師(整形外科医?)には閉所恐怖症の件は伝えられていないのですか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


④治療は行っておりません。


 


⑤MRI検査のことは触れていた気がしますが、随分前のことです。


日程的に受診出来そうにないのでこちらにてご相談させて頂いた次第です。


 


⑥8/21です。整形外科医にはその旨伝えてあります。同意書も記載済みです。


 


上記よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。

ご返信ありがとうございます。

閉所恐怖症のためにMRI検査を行えない方は実は比率としては少なくないのですが(ある報告では、一般成人の10人に1人がMRI検査を受けられないか、非常な恐怖感を抱くとされています)、根本的な解決方法は、閉所恐怖症を治すか、MRIの検査機器を改良するかの2つしかありません。

現状、「心構え」だけで8月21日のMRI検査を受けられるのはおそらく不可能だと思います。下述しますが、閉所恐怖症の治療には手間と時間がかかります。気合と根性だけで症状を抑えられるものではないということです。
2週間以上までの時点である現在すでに予期不安(不安で胸がいっぱいで、不安から過呼吸も出るのではと心配)が現れている相談者様が「何とかしたい一心」だけで当日の発作を抑え込むことは期待できないでしょう。

何らかの方策を講じる必要があります。

①閉所恐怖症を治す
これにはパニック障害に準じた薬物療法と、曝露法と呼ばれる行動療法を並行して行う必要があります。
http://www.fuanclinic.com/byouki/sukoyaka.htm
ただし、これには数ヶ月を要しますから8月21日に間に合わせることは難しいでしょう。

②オープンMRIがある施設で検査を受ける
上述したように、閉所恐怖症(またはその傾向)のためにMRI検査を受けられない方は少なくありません。そこで、あの狭い筒の中に入っていくのではなく、開けた空間の中で患部だけを検査できるよう改良されたオープンMRIという機器があります。
http://www.hitachi-medical.co.jp/open-mri/
http://www.hitachi-medical.co.jp/open-mri/voice/
この機器を備えた病院(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)で検査を受けられれば、閉所恐怖症の症状が現れるリスクを最小限に抑えることができると考えられます。

③検査前に強い精神安定剤を注射投与する
しばしば用いられる手法です。「整形外科医にはその旨伝えてあり」それでもMRI検査を予約されたということは、整形外科主治医もこの方法をとるつもりなのかもしれません。
ただし、精神安定剤も用いてもなお閉所恐怖症を抑えられずに検査が行えない場合もありますし(相談者様の場合「安定剤を常用中」であるにも関わらず、現在これだけのご不安があるわけですので)、あまり強い精神安定剤を高用量で注射投与すると、呼吸抑制が起きたり、意識レベルが下がって(うとうとして)寝ぼけたような状態で体を動かしてしまって検査が行えないこともあります。

現実的なのは③だと思いますが、現時点でとてもご不安が強いようですから、21日以前に、整形外科主治医に、MRI検査を行うにあたって、閉所恐怖症に対してどのような対策をとってくれるかを確認されるべきでしょう。
その対策が十分なものであるように思われればそのまま21日に検査を受けられるべきでしょうし、それでもなおご不安ならば、オープンMRIを持っている医療機関を紹介してもらえないか、相談されてみるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

評価が遅れてしまい失礼致しました。


急遽出張が入りお返事できませんでした。


 


オープン式のMRIがあるところを探してみようと思います。


本当に丁寧なご回答をありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

神経科 についての関連する質問