JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。友人は躁鬱、パニックと診断されています。しかし、以前脱法ハーブを吸引していました。暇があれば脱

解決済みの質問:

はじめまして。 友人は躁鬱、パニックと診断されてい ます。 しかし、以前脱法ハーブを吸引していたようです。暇があれば脱法ハーブを吸引していた友人ですが、ハーブの危険性や周りの人間関係などから、やめることを決意したようで、ハーブよりましだろうと、次は大麻を吸うようになりました。現在は、大麻を常に吸引している状況です。全然眠れていないようです。 病院に行っても、本人が脱法ハーブや大麻のことについては話していないと思います。 僕自身いろいろと調べましたが、友人は確実に薬物依存症であり、躁鬱やパニックに対しての治療では良くなるとは思えません。被害妄想など日毎に激しくなり、本人はそのことに気づいておらず、周りに支障をきたすようになっています。 本人に、ハーブや大麻やすべての状況をはなさないと、合った治療が受けれず、通院している意味がないことや、本人の今の状況が普通ではないことを伝えているのですが、全然通じず、どう対応していいのかわかりません。 僕自身、対応しきれず、友人が何を言い出すのか怖くなる時もあり、しんどくなってしまっています。友人の親も理解がなくほったらかし状態。 どこまで首をつっこんでいいものかわからず、どうしてあげることがBESTなのでしょうか?なんとしてもこれ以上ひどくならないようにしてあげたいのですが。友人はどんどん痩せています。見ていてはっとくことはできません。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

「どうしてあげることがBESTなのでしょうか?」「見ていてはっとくことはできません」とのことですが、結論から申し上げると、放っておくのがベストの対応ということになります。

相談者様にそのご友人を治療する技術は無いわけですし、ご親族でもありませんから、そのご友人に関して法的な義務も権利も無いからです。
相談されても何もできず、しかしそのご友人は相談者様に相談することでいくばくかなりとも安心を得られるという状況になってしまっているのであれば、相談者様はそのご友人にとっての「イネイブラー」になってしまっている可能性がございます。
http://www.yakkaren.com/bigina.b/ineburanohontounokao.html

そのご友人は、ご自身の辛さを、主治医か、法的な権限を持つご家族に相談されるべきですし、そうすることで最短距離で適切な治療につながることが期待されますが、相談者様に打ち明けることで仮初の安心感を得てしまい、しかしそれはご友人の症状の改善には寄与するようには思われません。
辛さの理由がわかっていながら適切な治療を受けるべく行動しないのはそのご友人の自己責任です。

「ハーブや大麻やすべての状況をはなさないと、合った治療が受けれず、通院している意味がないことや、本人の今の状況が普通ではないことを伝えているのですが、全然通じ」ないのであれば、それはご友人に正しい意味での治療意欲(依存症の治療には不可欠なものです)が無いのだと言えます。
十分にフレーミングされていない(患者と医療者としての関係が相互に的確に認識されておらず、治療としての枠組みが形成されていない)環境で相談者様が「親身に」働きかけることは、むしろご友人の依存性を助長し、正しい意味での治療意欲を阻害する結果になりかねないのです。

今後は相談者様からこの問題を切り出すことは一切やめて、辛さを伝えられたり、妄想に左右された言動が認められたとしても、自分は医者ではないのでそのような相談には乗れないこと、 苦しい・困っているのなら主治医に相談すること……今後はこの2点だけを伝えること にして、そのご友人の「依存症」に関わるお話はいっさいされないことをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問