JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

突然のご連絡申し訳ございません。6才男児の母親です。この春小学校へ入学しました。 入学前に就学時検診及び簡単なテス

解決済みの質問:

突然のご連絡申し訳ございません。6才男児の母親です。この春小学校へ入学しました。
入学前に就学時検診及び簡単なテストを行うとのことで息子が行いました。結果平均に満たないということで再テストを促され受けましたが、結果は同じで市の職員に唐突に失礼な物言いをされたため
息子のためと赴いた再テストもその後の対策まで行かず帰ってきてしまいました。そんなことがあってからの入学でしばらく忘れておりましたら、担任の先生より口頭での説明を理解できないので1番前の席で授業を受けさせていますとの報告がありその流れでや はり息子に何か異常があるのではとスクールカウンセラーとお話合いさせていただき、多動性障害かもしれませんとのお話でした。
インターネットで様々な情報を目にしましたが、大人になっても続く障害であり、社会にとけこむことが困難な障害のように理解しましたが、受け入れられず困惑するばかりです。専門機関を受診した方がよろしいのでしょうか。1時間の授業は座って受けられ、字もきれいだといわれました。主体性がなく不安なので周りをとても気にしていると言われました。運動は大好きで反面落ち着きはありません。
遺伝的なものとも書いてありますが、病気と理解した方がいいのでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

突然のことですから、驚かれたことと思います。
ご記載を拝読する限りでは、確実に多動性障害と言い切れるほどの状態ではないように思われます。

ただし、多動性障害を含む発達性障害圏の障害であった場合、「大人になっても続く障害であり、社会にとけこむことが困難な障害」というご理解は必ずしも間違ってはいません。
早期に治療を開始し、社会技能訓練を開始することが、良好な社会適応につながります。

状況を受け入れられずにいるご心情はお察しいたしますが、いち早く行動を起こされることがもっともご子息のためになるのだとお考えください。

児童・思春期精神医学の専門施設を受診されることをお勧めいたします。
受診した結果、障害が認められないのであれば、それそれで今後の躾をどうしていくかとお考えになればよいことですし、万が一、障害ありということになればいち早く適切な療育に導入することができます。

以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問