JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脱法ハーブの依存者、息子30歳、かなり強いハーブを吸引していた。昨年の、10月に、被害妄想、幻覚が出た為、緊急搬送、

質問者の質問

脱法ハーブの依存者、息子30歳、かなり強いハーブを吸引していた。昨年の、10月に、被害妄想、幻覚が出た為、緊急搬送、一泊入院し、今夜又、軽い幻覚が、発生。不安を訴えたので、天井には、誰も居ないと、確認し、就寝する。現在は、やってないと、言っているが?
やっていなくても、時どき、フラッシュバックがあるとのこと。
やっていないとの前提で、本人の幻覚に対する、親、家族の対処の仕方は?どうすればよいか?よろしくお願い申し上げます。。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


脱法ハーブか非合法な薬物であるかは、法律的な括りに過ぎません。
医学的には、ご子息は脳に有害な物質を摂取され、その後遺症が起きていると見做されます。
幻覚は「親、家族の対処」で解消できるものではありません。消極的な対処としては、ご子息を刺激しないように、幻覚を否定しないことが挙げられます。

根本的には抗精神病薬による薬物療法が必要ですから、ご本人に精神科を受診していただく必要があります。薬物依存の専門外来と、入院病棟を備えている精神科病院が望ましいでしょう。

十分な病識(自分が病気だという認識)、もしくは治療意欲が無い本人をどうやって受診させればよいのか、というご家族からの相談をいただくことがしばしばありますので念のため申し上げておきますが、ご本人のお人柄やご家族との関係を存じ上げないわれわれに、ぽんと、これこれこのように説得すれば受診させることができますよ、という助言ができるわけもありません。
統合失調症で幻覚・妄想や興奮が激しい症例の場合を除いて、法的に受診を促す制度もございません。
受診までは、家族が何とかしなければならない部分です。

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問